So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

ただ今 [monologue]

部屋の中がうっすらと寒いです

我慢できないほどではないですがストーブをつけるかちょっと迷ってます

何か一枚羽織ろうかな...

でも服は着るよりも脱ぐ時の方が大変だということに気付きました

腕の痛みは相変わらずで良くなったり酷く痛くなったりを不定期に繰り返しています

何でもない時は本当に何でもないのですが、

日常的にかばっているせいか肩から腕にかけてが動かしにくくなり、

それで服の着脱が普通の人よりちょっと大変になってしまっています

高貴な人になれたら...お付きの人に手伝ってもらえるのに...

今から王侯貴族にはなれないので自分で何とかしてみようと思います

・・・・・・・

時々無性に聴きたくなるNew York State Of Mind

カバーでしかもアレンジも少し変えているんですね

何だかとっても新鮮

日々の暮らしもそう

いつものとか変わらない毎日とかいうけれど、

工夫しだいで新しい何かが得られるんですね



nice!(3)  コメント(0) 

誰も [monologue]

君のことなんか見ない

実際その通りかもしれない

袖すり合うも他生の縁すらなく

気にも留めることない路傍の石ですらないのかもしれない

でもね

それでもお洒落がしたい

十代、二十代の頃はどんな服を着ていいか、

自分がどんな服を着たいか全然分からなかった

今、お洒落が楽しい

こういう服が着たい、というのがちゃんとある

ある程度の年齢になってくると男って何てつまらない格好をするんだろう?

そう思えてしまう様な唯の機能としての服を無難に着ているだけの人の何と多いことか

自分で自分をお洒落と言うつもりはないけれど、

着ること、身に着けることは自分を表現すること

どこにでもあるような、どこかで見たような大量生産品を纏いたくない

同じ思いである人

いてくれるかな?

_IGP1128 (2).JPG

お気に入りのアリストトリスト

nice!(3)  コメント(0) 

1ヶ月後の [アンティーク]

10月6(金曜)~10月8日(日曜)の間、

アンティークフェアin新宿」開催されます

ver.33.jpg

公式ホームページはこちらからどうぞ→

僕もいつもの場所にて出展しています

自分も含め来てくださった方全てに楽しんでいただける3日間を目指します

ぜひ、お越しください

心より

心より

お待ち申し上げております

nice!(4)  コメント(0) 

最初から最後まで [monologue]

途中で止めずにちゃんと見たのは何年振りだろう?

あっ、日本のドラマの話です

今夜放送していた「植木等とのぼせもん」

一言でいえばまぁ見れなくは...ないかな?といったところです

全8話ですが以降も見るかと言われたら...何とも言えないです

つまらないとまでは言わないけれど、

“植木等さんの知られざる逸話”みたいなものがもう少し見たかったです

一番残念だったのは作り物感がひどかったこと

家屋、商店、病院といった建物

劇中に登場するTVスタジオ、車やカメラといった各種小道具

登場人物のファッション

当時(1960年代)の再現を試みていますがいくら当時使われていた本物を出しても、

全然本物っぽさ、当時の時代感が感じられず2017年の人間が、

1960年代を無理にコスプレしているようにしか見えなかったんです

とても不美味なものを食べた後みたいで何だかこのままでは悔しいので、

本物の植木さん主演の映画「ニッポン無責任時代」を見ようと思っています

9/4、BSプレミアムで放送されます

明るく、元気に、楽しく

今の自分にはそれが必要だと思っているので

nice!(4)  コメント(0) 

これ、良いかもです [monologue]

(小池一夫さんのツイートより)

僕の気持ちが落ち込んだときの対処法がある。悩みや落ち込こんでいる原因のことを「この3時間だけは考えない」という風に、時間を区切って強制的に思考を停止する。昼寝をしてもいいし、映画を見てもいいし、何をしてもいいけど、とにかくそのことについてだらだらと考えるのを止める。お薦めです。

逃避ではなく切り返すといったところでしょうか?

良いかも

試してみようかな?

nice!(5)  コメント(0) 

明日は月曜日 [monologue]

多くの人にとって仕事の始まりの日

一歩外に出れば...仕事のからみでなくともいろいろとあることでしょう

自分以外に人という生きものが存在している限り避けられないことなのかもしれません


むっとして 戻れば庭に 柳かな


柳の木をこよなく愛したとある人の句です

柳はありませんが我が家には秋桜があります

家に戻れば平和がある

いろいろあるけどそれだけは変わらずにいたい

nice!(4)  コメント(0) 

30分間の記憶 [monologue]

何のこと?って思うでしょう(笑)

ドラえもんで有名な藤子・F・不二雄さんの「ジャングル黒べえ」をご存知ですか?

原作を読んだことはないのですがアニメ化されたものを子供の頃、よく見ていました

小学校二年生くらいのころかな?

当時家にはTVはあっても録画するビデオがなく、

(ビデオという存在自体を知らなかったんです)

TVは一度見たらそれっきりのものでした

ある日何を思ったかジャングル黒べえを「録音」したくなり、

家にあったステレオに一人でマイクを繋げ

(なぜカラオケなど無いのに家にマイクがあったのか今では謎です)

マイクをTVに向けて番組をカセットテープ(知ってますか?)に録音したんです

30分番組まるまる一本

登場人物の全セリフを完全に暗記していました

しかもどれくらいか忘れましたが結構長い間忘れずにいたんです

お外に出かけては公園などで一人何役にもなってセリフを暗唱していました

誰に披露するでもなくたった一人で

とっても凄いことを...僕はやってのけていたんです

ひるがえって今は...ですが...

今の、こんな自分でも

きっとできることがある

成し遂げられる

そう、信じよう

もう一度、勇気を

nice!(4)  コメント(0) 

利きが [monologue]

利かないというのは想像以上に不便なものですね

あっ、右手右腕の話です

薬を飲んで様子見と言われても...

痺れも痛みも不定愁訴だから困ってしまう

何でもない静止状態で突然痛くなることもあれば、

何気ない動きから別の部位に激痛が走ったりする

(しかも一度症状が出るとなかなか収まらない)

一番厄介なのは手の痺れでものを書くのもキーボードを打つのも食べるのにも困る

セカンドオピニオンを考えてしまう

きっと人より脳が大きくて重すぎるから首がねを上げたのでしょう

などと自分をなぐさめてみる...

でも不思議なのだけど左手、左腕には何も影響がない

自分の体は自分がよく分かってるっていうけれどどうだろう?

あてにならない

自分の体ひとつままならない

これまで書けなかったけど

書くことで復活につながるのなら

頑張って書いていきたい


人生〇〇年目にして [monologue]

初めてMRI検査をしてきました

二の腕が痛いという話を以前していましたが二の腕だけですまなくなり、

肩から指先まであちこちが痛くなってきました

痛いだけならまだしも痺れまで出てきて(特に手の甲)、

痛みも痺れもその時々で症状が出てくる場所が違って本当に不定愁訴

手が痺れると物を持ったり触ったりという当たり前のことが驚くほどの苦痛

自然に治るというのは見込めなくて病院に行きました

レントゲンでは神経の状態が見えないのでMRI検査が必要とのことで、

結果は首の椎間板ヘルニアでした...

幸い首の骨そのものに変形などは見られないので、

痛みと痺れを抑える薬を飲みながらの様子見です

とはいっても...不安

薬もなんだかあまり効いてないみたいで今も痺れが出てキーボードが打ちにくいです

何なんだろう?今月は本当に

ターニングポイント...なのかな?

明るく楽しい報告を...したいです

見ざる聞かざる言わざる [monologue]

見えているし聞こえている

でも心に入ってこない

言うは...言葉が出てこなくなる

かろうじて入ってくるのは音楽

集中力が無くてながら聞きだけど...

良い音楽なら心地良くていつのまにか心が癒されているのかな

ブラジルを一度も訪れたことはないけど

インターネットを通じて今日もブラジルのラジオ局からボサノバが流れてる

・・・・・・・・

明日は海の日ですね

お休みの方はどうか良い休日をお過ごしくださいね



何というか [monologue]

先のこと、未来って分からない

本当に本当に分からない

重い話になります

父が突然倒れました

前日までいたって普通に何もなく暮らしていたのに

翌朝倒れてしまいました

瞬間を目撃してはいなくて

朝早くの出来事で気付くのがもう少し遅かったら命が危なかった

2、3ヶ月は入院が必要で

どれくらい麻痺が残るとかはまだ何とも判断がつかない状態

身内や親族でもそうなった人がいなくて

ガンとかそっちの方が心配でこうなることは正直想像もしなかった

今はまだ頭がぼーっとしてしまって何も考えられずにいる

でも普段通りのことややらねばならないこともあるから...難しい

自分自身だって...明日が来るかなんて本当は分からない

死ぬことそのものに対する怖さや死んだらどうなるか分からない怖さより、

いつ死ぬか全く分からないということに怖さを感じる

猶予が与えられるならいいけど突然だったならどうなってしまうんだろう

いつ死ぬか分からない

それでも生きていて、

生きてる限り生きぬかなければならない

こんな世界の中で

でも、きっと大丈夫

生きているかぎり、希望はあるから

ツイッターで [猫さん動画]

一度につぶやける文字数は140字

それにすら届かないかもしれないけど

何とか書きたい

少しずつでも

動画の力を借りてでも

心の失語症

普段の生活で家族以外で話す人がいないから何だろうな...

今に始まったことではないけれど

また書けるようになりたい

明日も何とか

少しずつでも

何度も

何度でも



にわかには信じがたいかもしれませんが... [monologue]

つい先日、朝の時間ですがストーブを点けてしまいました

もうすぐ7月、夏なのに...

え?って思うかもしれませんが...寒いんです

寒いのは心がでは?というツッコミは置いといて...

6月とはとても思えない低音と天候不順で、

東京都の気温差もあって体調が悪くなるのもいたし方ないかもしれません

また原因は不明なのですが右の二の腕がやたらと痛く、

自分の体なのに自分の思い通りにならないというのは、

こんなにも不自由を感じるものなのですね...

最近「自由」について考えています

自分の中でまとまったら書かせてもらいますね

僕は生きています(何とか...どうにか...)

以前、 [monologue]

“例えるなら僕の存在は大海に浮かぶ手紙の入ったボトルの様”

と綴ったことがありますが、

もしかするともっとずっと小さなものなのかも...

気にもとめてもらえてないのかな?

見つかっていたとしても

見つけるのは得意でも

見つけてもらうのは何て不得意なんだろう?



この街に友達はおろか話し相手の一人もいない

spotifyで見つけた曲をBOSEスピーカーで聴くのが

ほとんど唯一の心のなぐさめ

「猛犬注意」ならぬ [猫さん動画]

「猛猫注意」といったところでしょうか?

なかなか見れない光景で舞台裏の様子も映していますのでぜひ最後までご覧ください

子どものころ、「猛犬に注意」の札を見て、

「ふ~ん猛犬に注意か...」と思った瞬間に大声で吠えたてられたことがあります

高校時代の年賀状配達のアルバイトでは猛犬の回避に毎度必死でした

でも最近は住宅事情等で小型犬の方が人気があるのでしょうか?

外から見える大きな犬って全然見かけなくなりました

過去のトラウマからか僕はやっぱり猫さん派

でもこの猫さんの家に配達に行く人は猫さんでトラウマになってしまうかもしれません



前の15件 | -