So-net無料ブログ作成

実を言うと [monologue]

10代、20代の頃はおしゃれに全く疎い人でした

おしゃれに気を使ってないとか無頓着というのではなく、

どんな服を着ていいかが全くといっていいほど分からなかったんです

今のように(良い悪いは別にして)ファストファッションはもちろん、

気軽なカジュアルのお店もそんなにはなかったので、

気が付くと持っていたというような服をローテーションしていました

服を買うということ自体がそれほど気軽ではなかったので、

新しいファッションに挑戦したりアイテムを揃えたりといった余裕がありませんでした

社会人になって服そのものを買うことができるようになっても、

どういう服を着ていいのか、着たいのかが分からず、

相変わらず気付くと家にあった服を着る毎日でした

それがここ二年程くらいからおしゃれが楽しくて仕方がないんです

不惑を迎えたからでしょうか?

文字通り惑いません

(他のことでは惑うこと多々ありですが...)

自分が着たい服がちゃんとあって、

こういうファッションでおしゃれをしたいという確たるものがあるんです

メインカラーはブラック

黒は何ものにも染まらない色だからです

でもこの黒を基調とするファッションって難しいです

思いっきりおしゃれか思いっきり外すか

振り幅が凄いなって実感します

それでもだからこそ楽しいし挑戦し甲斐があるんです

誰も見ていないですって?

そう考えるのはやめにしましょう(この件に関しては明日また書きますね)

明日もまた、おしゃれして出かけましょう

たとえ短い時間、短い距離でも

“外”の世界に出るのですから

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。