So-net無料ブログ作成

ここ何年か [猫さん動画]

感じていたことですが・・・

クリスマスが昔に比べて盛り上がっていないと思いませんか?

イベントのひとつとして形式的に残っているだけみたいでさみしくなります

こんな時は猫さんの手を借りましょう

クリスマスは無条件に楽しいもの

そのことをもう一度思い出してもらうために


夜想曲(ノクターン)を聴きながら [アンティーク]

夜想曲をイメージして撮ってみました

まるで青い月の光に浮かぶお花のようです

昼美しく

夜また美しい

それこそが本当に、美しいジュエリー

イギリス(バーミンガム)、1912年

_IGP2900


ドアを開ける姿は [猫さん動画]

何度か見たことがありますが・・・

ドアより複雑と思われる窓をこのように開ける姿は初めて見ました



開けた窓からお外を眺めるのかな・・・と思っていたので、

お散歩に出かけられたところに二度びっくりです

人が思いもしないような狭い空間を移動できるのはもちろん知っていましたが、

さすがに狭すぎると思ったのでちょっと予想外だったんです

別の猫さんですがこちらはお散歩帰り

玄関にまわって飼主さんを呼んだ方が早くて安全な気がするのですが・・・

狭いところ、高いところどちらもへっちゃらです


大人になるほど [monologue]

素直に感動しなくなるのは何故だろう?

大人になるほど、心から笑わなくなるのは何故だろう?

人に親切にしたり、人を思いやったりしなくなるのは何故だろう?

余裕がないから?

忙殺されるくらいに忙しいから?

一口に大人と言ってもいろいろな人がいるから一まとめにする気はないけど、

そうなってしまっている人が多く感じられるのは何故だろう?

その一方で男子だ女子だといつまでも都合よく子どもでいたがる

子どものような心を、何かを素直に表現をすることもできないのに

大人を楽しめない社会になっているからなのかもしれない

大人には大人の楽しみがある、

大人でなければ得られぬ感動がある

そのことをもう一度思い出してもらえたら、

先に書いたこととは間逆の人がきっともっと多くなってくれる

・・・・・・・

感動はどこかに行って得てくるものとは限りません

日常の中にこそ感動を

上質な生のために、

上質な日々を

渡英までもうまもなくです

あなたに感動していただける作品と英国で出会えますことを

コマーシャルなので [猫さん動画]

もちろんフィクションですが頭の良い猫さんなら実際にできそうな気がしてなりません

やはり進化の過程を歩んでるのでは・・・



本当に進化してしまったらそのうちこんな機械を作ってしまうかも

仕掛けが大掛かりなところもまた良しです

ドラえもんは人間のための猫型ロボットでしたが、

いつか人間より進化したら猫さんのための人型ロボットを作るかもしれません

「猫の手も借りたい」から「人の手も借りたい」の世界になるかも・・・です


進化の過程? [monologue]

そのうち二足立ちが当たり前になって、

立つだけでなく二本の脚で歩けるようになり、

人類と同じように言葉を話し、

空いた前脚は文字通り手となって道具を使うようになる

もしかすると猫さんはそんな進化の過程にいるのかもしれません

二足立ちそのものはそれほど珍しいものではありませんが、

ここまで背筋が伸びで凛々しい猫さんはなかなかいないのではないでしょうか

この姿勢の良さ、

人間も見習わなければいけません


健康には [monologue]

割と自信がある方だったけど、最近その自信を無くしかけています

今日も病院のお世話になっていました

病院は好きではありませんが体調を万全にし、

渡英に臨みたいです

待合室で新聞を読んでいましたが今日も各紙健さんの記事であふれていました

そんななか目についたのが健さんのこの言葉

ぜひブログで紹介したいとメモしておきました

まだまだ至らぬことばかりですが僕もかくありたいです


育ちのいい悪いというのは
決して
お金のある家に育つか育たないかではなく
自分が与えてもらったことに対して
素直に感謝できるかどうかがその決め手になる
音楽でも深く感動する
書物でも胸が高鳴る
理由は同じである
人生を発見して
自分が深くなったような気がするからである
それは錯覚かもしれない
しかし自分を深めるのは
学歴でも地位でもない
どれだけ人生に感動したかである

健さんが・・・ [monologue]

お亡くなりになられました

昼に一報をききましたがあまりに突然のことでいまだに信じられません

まだまだ生きて、映画に出続けてほしかった・・・

今年一番の衝撃を感じました

今日は健さんのエッセイ「旅の途中で」の一文をご紹介させてください

映画「南極物語」の撮影でのお話です

寒いところには慣れているつもりだったんですが、
北極とか南極の寒さは、そういうレベルではないんですね。
その寒さが恐ろしい。
ちょっと油断すると全員が本当に死んでしまう場所というんでしょうか、
地の果てという印象です。
北極でのロケーション中、ブリザードが来て、
三日間全然動けなくなったこともありますし
南極のニュージーランド基地に入って、
そこから犬ぞりを使ってペンギンを撮りに行く途中で、
やっぱりブリザード二襲われてテントが吹っ飛ばされ、
本当に死にそうになった経験もあります。
あの時は、監督に、キャメラマン二人、俳優はぼくだけで、
あとニュージーランドの兵隊さんが四人、サポートに付いてくれました。

テントが飛ばされた後に凍傷にかかった時の写真があります。
少し気持ちがだらけて、
「いやこんな仕事はやれない」
とか、生意気なことを考え出した時にそれを見ると、
いつも背筋がピンとします。
その写真は、今も自宅の目につくところに置いてあります。

・・・・・・・

限りなくストイックなイメージがあったから、

健さんでもだらけることがあるんだと驚いた記憶があります

できることなら生前一度でいいからお目にかかりたかった

もう二度と健さんのような方は現れないことでしょう

205本もの映画に出演されました

僕のお勧めは「冬の華」です

よかったらぜひ一度レンタルしてみてください

モルフォ蝶の青い翅は [アンティーク]

意外に思われるかもしれませんがこの青は色素によるものではありません

入射した光は翅の表面にある鱗粉

(粉状にパサついたものが付着しているのではなく動物で言うところの「鱗」です)の、

格子状の構造により干渉を受け、青い光のみを反射するために青く輝いているのです

下記の動画をご参照ください

構造が良くお分かりいただけるかと思います



永遠に変わらぬBlue

_IGP2282

僕は永遠を手に入れたい

僕自身が終りをむかえてもなお

この世界に残り続ける永遠のものを

ローラースケートは [猫さん動画]

子どもの頃ちょっと試した記憶はありますが、

スケートボードは今まで生きてきて試したことさえ一度もないです

乗っても多分似合わないと思いますし・・・

何で今日この話をしたかと言いますと、

見つけてしまったんです!

スケートボードに乗る猫さんの動画を!

ワンさん(確かフレンチブルドッグ)が乗っている動画は見たことがあるのですが、

猫さんは初めて見ました

オーストラリア在住で飼主さんはアニマルトレーナーとのこと

ぜひご覧ください、なかなかの操縦センスです!



コースを使ったこちらはショートバージョン

撮影はもちろんプロの方ですがそれにしても良く出来ています


冬の便り [アンティーク]

空から綺麗な雪が舞い降りてきました

_IGP2860

こちらは硝子越しに撮影しました庭の梅の木です

(窓を開けて撮る勇気が・・・ありませんでした・・・)

梅の花の代わりに六花(雪)が咲いてくれています

平地でのまとまった雪は今年初となる札幌

綺麗な雪景色はうれしいけれど今年は秋が短かった気がするjから・・・

一日でいいから少し季節が戻ってくれたらなって思います

赤い楓の頃に

植物としては7枚葉が一般的ですが、

ブローチとしては5枚葉の方がデザイン的に可愛いと思います

銀ならではの静かで落着いた佇まい

いざ光を得た時の強い輝き

二つの個性を一つの中で手にすることができる

それこそがマルカジットの魅力です

_IGP1765

お髭がもっと長ければ [アンティーク]

より猫さんらしく見えるかも

_IGP2345

ウサギやネズミに間違えられるのはきっと短いお髭のせいです

_IGP2356

でもお耳や尻尾を見るとちゃんと猫さんしてます

_IGP2369

・・・・・・・

作品を撮影、セレクト、Webへのアップロード、ショップページへの掲載まで全て一人で行っています

時々考えるのですが片手でパソコン操作ができるようになったら・・・

デスクトップとノートパソコンの二刀流ができて効率も良いし便利だと思うんです

もっと進んで脳とコンピューターをリンクできるようになって、

頭で考えただけでコンピューターの操作ができる

SFの世界ですができたら凄いですよね!

でもそれではきっと充実感は得られないかな?

大変なところもあるけど最初から最後まで全てを自分で行うからこそ得られる充実感です

こうして見ると [猫さん動画]

人間と、どこも変わらない・・・

これであとお布団をかけてあげたら完璧です

後ろの猫さんは興味がないのかな?

特に“オチ”はないのですがとにかく可愛いのでぜひご紹介させてください

見てるときっと良く眠れそうです


リボンは [アンティーク]

互いに結び合うからこそリボン

お互い別々の方向を向いていたり

どちらかが一方通行では成り立たない

リボンのように心を結び合いたい

そう願う全ての人に

_IGP1449

作品単体として [アンティーク]

最も撮影しやすいもの

それがブローチ

ある程度大きさもあり、自立も容易だからです

_IGP5208

ネックレスやピアス(イヤリング)ではそうはいかず、

これまでのフォトセッションではそちらを優先させていました

でも今回のメインはブローチ

単体で撮りやすいとはいえやはり身に着けた時の写真にはかないません

身に着けた際のイメージ、伝わりますでしょうか?

忘れることなき思い

枯れることなき勿忘草の花に託して

_IGP1982

ディテールを表現するのに [アンティーク]

身に着けてもらったところや掌に載せてもらった写真も撮りましたが、

_IGP2576

もうひとつ何か足りない気がして・・・

両手でチェーンを持ってもらい浮かせた状態で撮ってみました

_IGP2597

撮影をしていて思い浮かんだアイデアを試してみましたがいかがでしょうか?

こちらの作品は本日お店のホームページに掲載しました

「アンティーク ダイヤモンド ネックレス」

よかったらこちらをご覧ください→

・・・・・・・

今回のセッションの中でもお気に入りの一枚

真珠のイヤリングの質感が伝わりますでしょうか?

センスの差が出るのはシンプルなものを身に着ける時

そのことを改めて思い起こさせてくれます

_IGP2447

アイボリーブローチの存在感 [アンティーク]

今日で四回目となるアンティークのフォトセッション

今回もマイショコラ店主、渡辺紗優さんにモデルさんをお願いしました

*マイショコラさんのホームページはこちらです→

アイボリーのブローチ二点、

モルフォ蝶の翅のブローチ、

スターリングシルバーとマルカジットのカクテルウォッチの写真の一部をフォト蔵にアップしました

昨日のお約束通り速報をお届けいたします

特にアイボリーの存在感が伝わりましたなら幸いです

_IGP2096

_IGP2099

_IGP2104

_IGP2155

_IGP2169

_IGP2179

_IGP2196

_IGP2207

_IGP2208

_IGP2255

_IGP2276

_IGP2726

_IGP2728

_IGP2757

_IGP2767

ピアスやネックレスの作品に比べてブローチは単体でも撮りやすいです

でもやはり作品は身に着けてこそのもの

アイボリーの存在感は想像以上のものでした

ジャケットにとっても良くお似合いです

明日もどうかお楽しみに

それでは、おやすみなさい

明日は撮影の日 [monologue]

今回は銀のブローチがメイン

黒のジャケットに銀のブローチがきっと素敵に映えることでしょう

四回目のフォトセッション

見ていただいて作品を身に着けた時のイメージがより分かりやすく伝わりましたなら幸いです

撮って→撮られての一方通行ではない

お互いに持ち寄ってより良い写真を作っていきたい

いつもそう願い撮影に臨んでいます

アンティークは僕にとって単なる商品ではありません

なので掲載する写真も単なる商品写真になどしたくないんです

撮影もプロに任せればもっと良い写真になることでしょう

でも人任せにはしたくないんです

モデルさんもそう

信頼できる人にだけ着けてもらっています

貴重な作品であることはもちろん、

写真には人と人との関係性が映るから

信頼できる人でなければ無理です

明日6日の夜に速報をお届けいたしますのでどうかお楽しみに!

パプリカを [猫さん動画]

まさか枕にするなんて・・・

飼主さんが教えたのでしょうか?

ただ目の前に置いてもきっと使わないと思うんです

それにしても何て幸せそうな寝顔なんでしょう

寝姿がこんなに幸せそうな生きものって他にはいません

このまま熟睡かとおもいきや・・・最後にオチがあります


せっかくゲットできたと思ったのに・・・ [猫さん動画]

最後にちょっとドジをしておもちゃを取り損ねてしまいました

でも失敗したお姿もまた可愛いです

ワンさんならきっとしないこと

猫さんは見ているだけで楽しく幸せな気持ちにさせてくれます


今日から十一月 [monologue]

(書いているうちに日付が変わってしまいました・・・・・・)

でも僕の心はすでに十二月へと向かっています

来月、新たな作品との出会いを求めて渡英いたします!

愛用する一眼デジタルカメラK-01を持参し、

現地から手に入れた作品を速報でお届けいたしますのでどうぞお楽しみに!

どうか素敵な作品と出会えますように

・・・・・・・

ロンドン名物二階建てバス

乗り方を覚えてしまえば地下鉄よりずっと便利!

実は初めて訪れるまでずっと観光用だと思っていたので、

あちこち普通に走っているのを見てびっくりした記憶があります

ロンドン名物