So-net無料ブログ作成
検索選択

No music no life [monologue]

最近、以前にも増して音楽中毒(もっぱらボサノバ)

そのため音楽が流れっぱなしのインターネットラジオを大変重宝しています

でも聴くためにパソコンタブレット端末の起動(アプリ)が必要

それらを使わずにもっと気軽に楽しむ聴く方法はないかな...と探したところ、

ありました!Wi-Fiでインターネットに接続するワイヤレススピーカーです

_IGP0954 (2)

国内外の各メーカーからたくさんの機種が出ていますがやっぱり僕はBOSEが好き

いろいろと難しいことを考えず、純粋にシンプルに“音楽を楽しむ”ことができるから

操作も非常に簡単で電源ボタンを押さなくとも、

リモコンのプリセットボタン(お気に入りの局を最大6局)を押すだけで、

電源も自動で入ってすぐにインターネットラジオに繋がります

こんなに便利で楽しいものはありません

ボサノバをBGMに来週のアンティークフェアin新宿の準備もより楽しくなってきます

良い音楽は心に良い影響をもたらす

そう僕は信じています

一人でも多くの人に実際に聴いてもらってインターネットラジオの魅力を知ってもらいたい

あなたのお気に入りの局がきっと見つかりますよ

一日一善ならぬ [猫さん動画]

一日一癒(いちにちいちゆ)

なんてどうでしょう?

一日の中で少しでも心癒されることがあれば...

誰かに少し優しくなれる

そう...ありたいものです



 [アンティーク]

1から12の数字にそれぞれの月を合わせ、

1月なら“いちがつ”と言い他の名でその月を呼び表すことは現代では殆どありません

分かりやすいのでそれはそれで良いのですが、

数字だけだと時々味気ないなって感じる時があります

1年があっと言う間に感じるから余計にそう思うのかもしれません

1月を睦月、2月を如月、3月を弥生と呼んだように、

今月は5月ではなく皐月と呼んでみようかな?

慌ただしかったり味気なかったりする時も少し雅やかな気持ちになれそうだから

古代エジプトに始まり現代の一般的な西暦(グレゴリオ暦)に至るまでの間に、

世界各地で様々な暦が使われてきました

フランス革命暦もそのひとつ

雪月、風月、花月、熱月といった詩的な月の名が並び、

中でも僕は葡萄月(ヴァンデミエール)が好き

葡萄月は秋の季節、現代の9月から10月にかけてです

革命暦はとても詩的なのですが月だけでなく365日全ての日に名前が付けられており、

また暦だけでなく時間の単位までも変更したため、

(1日は10時間で1時間は100分といったように全て十進法で表していました)

合理性を求めたはずがかえって複雑になってしまい僅か12年余りで廃止されてしまいました

(廃止を決めたのはあのナポレオンです)

赤い珊瑚によって生み出されたイヤリング

世界中のどんな赤葡萄よりも美しい

美味しそうなくらいに

葡萄月の季節になったら身に着けてみませんか?

もちろん葡萄月でない時に着けられても素敵ですよ

_IGP3621

“梅は咲いたか” [monologue]

“桜はまだかいな”

梅と桜がほぼ同じタイミングで咲く札幌にとって待たれるのは桜ばかりで、

正直梅はあまり見向きもされません

でも僕は実家の庭に梅があるせいか桜よりもむしろ梅の方が好き

あの香がいいんですよね

暦の上では連休ですが特にどこかへ行くこともなく、

庭の梅の木を一人眺めていました

少し心が軽くなれて

こうして今、たわいもないかもしれませんが言葉を綴っています

明日はきらきらとした人に会いに行ってきます

かりそめだって分かってるけど

そのかりそめさえも手放してしまったら

本当に何もなくなってしまいそうで

決別できずにいる

誰しも生きていくには“何か”が必要

その“何か”がかりそめではない

実のあるものであらんことを

いまのところ [猫さん動画]

なんとか自分を守ることでせいいっぱい

誰かを守るなんて...とてもじゃないけどできる余裕がない

守るべき存在がある人は強い

人間でなければならないなんてこともないと思う

取り戻したい

誰かを守ることのできる余裕を



一月後に [アンティーク]

アンティークフェアin新宿」が開催されます

もちろん僕も出展します

来ていただけたなら...必ず一つ、良いことがあります

それは何でしょう?

「この世界はまだ美しい」

それを、そのことをぼんやりと信じるのではなく、

確信することができます

なので...ぜひ来てください

心から、待っています

_IGP0946 (2)

ある意味 [猫さん動画]

奇跡のよう

と言ったら大げさかもしれませんが思わず笑ってしまいました

まるで漫画のようです

一瞬なのでどうかお見逃しなく



夢を見ました

白猫さんを抱っこしている夢です

お告げ?何か意味があるのかな?

良い事

あるといいです



これでいつも、いつでも [monologue]

静粛でいられる

巷にあふれる魑魅魍魎のような雑音から解放される

完全な無音とまではいかなくても...

_IGP0930

本日とうとう手に入れました

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンです

全然使わずに貯まったままでいた某ポイントを、

有効期限が切れる直前に一気に使ったのでほとんどポイントでまかなうことができました

何はともあれこれで外出時も心が平穏でいられます

第一候補はBOSEでしたが本格的に探すとヘッドホンって国内外のメーカー入乱れ、

製品の種類ももの凄くあるため今回はかなり迷いました

SONYも最後で心惹かれるものがあったのですが...

BOSEにしてやっぱり良かった

心からそう思うことができます

動画は“イメージ”ですが決して大げさではありません

感じ方は人それぞれですが実際こんな感じです

ヘッドホンを外した時、気付くことでしょう

こんなノイズだらけの世界で暮らしていたんだということに...

ノイズキャンセリングヘッドホン

それは心の防壁



全然使わないでいた [monologue]

ポイントカード

今月で有効期限が切れますよと案内され見てみると...

結構なポイントが貯まっていました

全てをポイントで賄えることはできませんがかなり割安に買うことができそうです

ノイズキャンセリングヘッドホンを...

何とか我慢してきたつもりですが最近とみに喧噪とか騒音に弱く、

静粛で心を守りたいという思いが強いんです

完全な無音にできる訳ではありませんが、

ノイズキャンセリングが有ると無いとでは全然違う...

外の世界はノイズだらけ

精神にまで食い込んできそう

みんな...平気なのかな...

僕は...おかしくなりそう...

セロトニンが [monologue]

きっと大幅に足りていないんだと思う

スランプとかそんなレベルを超えている

もっと強くありたいけれど

そのスタートラインにすら立てないでいる

あまり暗いことは書きたくなくて

でもこのままじゃもう何も書けなくなる気がして

何とかこうして書いています

「いまのところ、われら人間には、まだ「巣」が必要であり、その「巣」の中には家族がいなくてはならぬ。そして、その家族たちが、いつも生気にあふれていて、はたらき手の主人を助けなくてはならぬ。それでなくては、人間の存在は意味をなさない。」

池波正太郎さんのエッセイより

今更巣は望むべくもないけど

その代わり自分だけの居場所がほしい

存在を証明できる場所が

もう既に1/4が終わった2017年だけど

今年は最低限そのきっかけだけでもなんとかつかみたい

僕はまだ生きている

生きているんだ

「芸は身を助ける」を [猫さん動画]

地でいっている猫さん

こうすればおやつがもらえると分かってのことなのですが、

いったいどこで覚えたのでしょう?

でんぐり返しをする猫さんはなかなか見かけません

それだけでなく扉を開かせた後はどれを食べたいか聞かれると、

ちゃんとお気に入りのおやつをご指名しています

何と頭の良い猫さんなのでしょう

スマートに・・・いきたいものです








A História de Lily Braun [monologue]

リリー・ブラウンの物語

時々無性に聴きたくなる曲

元々は男性が歌っていた曲なのですが女性が歌う方がお似合いです

物語

僕の物語はまだ・・・続くかな?


怒りは [猫さん動画]

自分に盛る毒

分かっているけど...怒りの時もあって...

言葉が出ない、書けない、色々と不甲斐無い

そんな自分自身にただ怒っても悪循環になるだけ

あなたは今日、怒りがありましたか?

静めたい時はこの動画を思い出してください

戦っているはずなのに...なんてユーモラスなのでしょう?

怒りなどきっとどこかへ行ってしまいます




いつか [monologue]

「また乗ろう」

そう思っているうちに時は過ぎていきました

やがて高波や台風による土砂の流出の影響で一部区間を除き2015年より不通となり、

2016年12月、JR北海道は日高線の復旧を断念

事実上廃線の見込みとなりました

赤字路線を莫大なお金をかけて復旧することはできないとのことなのでしょう

hidaka003.jpg

海沿いの単線を走るたった一両の列車

こう書くと何だかさみしそうですが車窓から見える景色は風光明媚の連続

馬産地でもあるのでサラブレッドが一緒に走ってくれることもありました

歴史も古く、前身も含めれば100年もの歴史を持ち、

橋梁には「鉄道省」の刻印が刻まれたプレートまでもが現存します

いつかいつかと言ってそのいつかはもう二度と訪れない

時間は有限でその中で出来ることは限られ、取捨選択が必要になります

遠いとか費用とかネックになることもいろいろあると思います

でも会いたい人、行きたい場所、手に入れたいもの

それが“本気”であるのなら行動すべき

「いつか」は後悔への片道切符

自戒を込めて




The tower of Babel [monologue]

“バベルの塔”

バベルの塔といえばピーテル・ブリューゲルのこの絵を思い浮かべる方も多いと思います

bruegel-tower-babel.jpg

この絵が24年ぶりに日本にやって来ます!

場所は東京都美術館で4/18(火)~7/2(日)までです

開催は偶然本屋さんで見かけた「大人が観たい美術展2017」という雑誌で知りました

相当混むと思いますが皆さんぜひ一度観に行ってみてください

今回の奇跡的な来日が実現したのはボイマンス美術館改装のためとのこと

この機会に観ることができなければあとはもうオランダに行くしかありません

僕にとっても24年振りとなる再会...

当時池袋にあったセゾン美術館で開かれていた「ボイマンス美術館展」で観ていました

時間的には夜だったのですが館内は何故だかガラガラで、

ひとり落ち着いてゆっくりと鑑賞することができました

当時のパンフレットがたしかまだ持っているはずです

5月のアンティークフェアin新宿の出展前後に観に行きます

首都圏にお住いの方はもちろん

期間中東京に行かれる用事のある方はぜひ一度足を運んでみてください

心よりお勧めいたします