So-net無料ブログ作成

『結婚は人生の墓場だ』って言った元祖は [monologue]

img050.jpg

芥川龍之介だったと思う。本当のところはどうなんだろう?こればかりはしてみたことがないので分からない。でも既婚者から独り身であることを冗談抜きに本気でうらやましがられたり、家庭不和や不和を通りこして冷え切った関係、泥沼の離婚劇、金の切れ目が縁の切れ目といった惨劇をこの目で何度か実際に見たり聞いたりするとこの言葉はあながち外れてもいないなって思ってしまう。そもそも何のために結婚というものをするんだろう?結婚には勢いが必要だって言うけれど、勢いの前に何故と考えてしまう自分にはもう無理なのかも知れない。

僕は『分かるということ、分かり合えるということ』この答えを手に入れたいと常々思ってる。その答えが結婚によって得られるのかは分からない。でもその答えを結婚に求めて、それを手にしようとする過程でもしも失敗してしまったなら、そのダメージは人と人のどんな関係よりも大きいような気がする。

でも結局は、“相手”という存在は大きな要因だったとしても、男も女も全ては相手次第では無く自分次第なんだと思う。だから一人でいたって幸せになれる。誰かと一緒にいないと幸せになれないと思ったら、誰かと一緒にいても幸せになれないから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。