So-net無料ブログ作成

ファッションとアンティーク ジュエリーと [アンティーク]

僕が扱っているアンティークジュエリーは女性が身につけるもの

自分自身本当に大好きなのだけど、残念なことに男の僕にはつけられない

例え身に着けたとしても全然似合わないのも分かっている

それがとても残念で、まるでかなわぬ恋みたい

ファッションは「女性に自信を与えるもの」

もちろんそのとおり。でもそれだけじゃないと思う

アンティークジュエリーをずっとながめていると、

だんだん余計な言葉が出なくなってくる

余計な言葉が無くなれば、余計な気持ちも無くなってくる

心がだんだん静かになって、清らかに落ち着いてくる

嫌なこと、煩わしいことが忘れるというより浄化されていくように感じる

暖かくなる

心のともし火

アンティークを身にまとうことによって心優しく、暖かくなってくれる人が増えたなら、

この毒化して殺伐とし切った世の中も少しずつ修復されて、優しい世界へとなっていく

僕はそう信じてこの仕事をしている

たしかに現代物のプチプライスのアクセサリーに比べたら悩むかもしれない

でもそういうものは例え100年残ったとしてもアンティークには決してなれない

手間、時間、お金、全てを無視、度外視して造られたアンティークジュエリー

あなたの子どもや大切な人に受け継いであげてほしい、本当の価値がそこにはあるのです

よかったら写真を見てみませんか?

写真の素敵なWeb Shopはこちらです

猫さん親子の18金ブローチ

フランス、1910年頃 僕の一番のお気に入りです

_IGP5624.JPG

にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。コメント・足跡代わりに応援のクリックをよろしくお願いいたします。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

Sizuku

おはようございます。
ゆるぎない理念を持ち、ご自身のお仕事に誇りを持っていらっしゃるExtar15さん、お幸せですね。

夫にもこれから自分の仕事を見つけていく子供達にもそんな風であってほしいと願っています^^

by Sizuku (2012-05-22 06:51) 

Extar15

Sizuku様

こんばんは、コメントをしていただきありがとうございます。会社員をやっていた頃は理念について特に考えたこともありませんでした。働かなきゃ食べていけない。仕事は収入を得るための手段であってそれ以上でもそれ以下でもない。そう考えていました。でもそれではいけないということに気がついたのは会社員から離れてからでした。理念は自営も会社員も関係がないと思います。働いてから短い時間で自分なりの理念を見つけるのが最も幸せかもしれません。僕は相当時間がかかってしまいましたから。本当、まだまだ至らぬことばかりですがそれでも地道にコツコツとこれからも続けていきたいです。信じていることがあるのですから。
by Extar15 (2012-05-22 20:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。