So-net無料ブログ作成

運命(その3) [岡本太郎さんの言葉]

「出る釘は打たれる」-耐えなければならない運命というものを、
ナマに、ひしひしと感じとった思い出がある。小学校二、三年の頃。
考えてみれば、その時代から、今日に至るまでぼくは少しも変わっていない。

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 2

つなみ

天才とは、そうなのかもしれませんネ("⌒∇⌒")
by つなみ (2012-02-01 15:47) 

Extar12

つなみ様

こんばんは。コメントをしていただきありがとうございます。そう感じたことはきっと誰しもあるのだと思います。でも、それから少しも変わらずにずっといられたというところに岡本太郎さんのすごさがあると思います。
by Extar12 (2012-02-01 20:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。