So-net無料ブログ作成

Dream Car [monologue]

この言葉が死語になってしまったら悲しい

車にはいつまでも夢のある格好良い存在でいてほしいから



80年代、オリジナルシリーズのナイトライダーに比べると人気が無かったようだけど、

21世紀版に登場するナイト3000はより未来的で夢があって本当に格好良い!

自分が生きている間にこんな何でも出来る相棒のような車に乗れたらどんなに素晴らしいだろう!

ギリギリでもいいから間に合ってくれたらとってもうれしいです

AFPの記事をブログに引用する時、記事によっては写真も自分で選べるのだけど、

今回僕はクライスラーのスポーツカー、ダッジ・ヴァイパーSRTをセレクトしてみました

車は二人乗れればそれでいいし(リアシートなんて必要ない)、

走りが良ければ燃費なんて全く気にしない

現代では思いっきり時代遅れな思想かもしれないし、

身軽な独身者の戯言かもしれないけど・・・

夢を感じさせてくれる憧れの存在であることを自ら放棄するような車ばかりになってしまったら、

それこそつまらない世の中になってしまう

そしてそれは車だけでなく、ファッションもそうだしジュエリーだってそう

妥協と迎合で固められた、

そんな媚びた品物はもういらない



nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 29

コメント 2

rosemary

ご訪問ありがとうございました。
去年、14年ほど乗った車を買い換えるにあたり、
ものすごく選定に悩んだことを思い出しました。
車って、「普通」っていう基準がないんですよね。
by rosemary (2012-04-06 14:48) 

Extar12

rosemary様

こんばんは、こちらこそniceとコメントをしていただきありがとうございます。車の買い替えで悩んだ経験、僕もあります。相当悩みましたが最終的に選んだのは本命ではなかった車種でした。「こっちもいいかな?」くらいに考えていた車が乗ってみると自分でも意外なくらい気に入ってしまったんです。ものを選ぶ時に一番大切なのは自分の心が満たされるかどうかだと改めて考えさせられた経験でした。
by Extar12 (2012-04-06 18:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。