So-net無料ブログ作成

子どもの頃 [monologue]

死がとても怖かった

大人になった今ももちろん怖いけど

子どもの頃の「死の恐怖」は今とは違って死ぬことそのものよりも、

死んだ後に自分はどうなるのだろう?

それが分からない

だから怖い、というものだった

寝付きが悪いのは今も変わらないけど、

目を閉じても目を開けても真っ暗な闇の中にいると

そのことをつい考えてしまうから夜寝る時の暗闇が嫌だった

・・・

ちょっと変わった子どもで・・・

吸血鬼が実在すると本気で信じていました

ニンニクが苦手だと本に書いてあるのを読み、

親に頼んで部屋のドアにニンニクを吊るしてもらったこともあります

そんな闇を怖れる子供も大人になると寝る時の明かりを怖れるようになりました

少しでも明かるいともうダメ

完全な真っ暗闇じゃないと眠れないんです

大人になるというのは変わるということなのかな?

好む好まざるを別にしてきっとこれからもいろんなことが変わり続けるのだと思う

でもどうせ変わるのなら良く変わっていきたい

命終わるその時まで

より良い自分へと変わり続けたい


nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 2

つなみ

うん(*´∇`*)わかる気がいたします。
眠ると、意識がなくなりますものネ。
とても、ご繊細でいらっしゃるからこそのご感性です。
私も、よりよくなれれば良いなあと思います。
by つなみ (2012-06-21 10:04) 

Extar15

つなみ様

こんにちは、コメントをしていただきありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。人間にとって眠るという行為は「今日死んで明日生き返る」ということだそうです。なので本当は日付が変わる午前0時までに眠りにつくのが健康に(精神的にも肉体的にも)良いのだそうです。本人だけではなく周りの人も含めいろいろなことが常に変わり続けるということの原因はここにあるのではないかと僕は考えています。
by Extar15 (2012-06-23 09:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。