So-net無料ブログ作成

ブラッシュ アイボリー [アンティーク]

「過程」があるからこそ

感動やよろこびが手に入るのです

感じる間も無いほど便利に簡単に得られた「結果」に

よろこびを感じますか?

ありがたみを感じますが?

大切に残していこうとしますか?

答えは全てNoのはず

_IGP6254.JPG

たとえばロイヤル ウースターのブラッシュ アイボリー ポプリポット

赤みを帯びたアイボリーカラーのグラデーションが施されていますが、

この質感を出すためには5回も窯に入れて焼き上げなければいけません

またただ回数を重ねるだけでなく一回毎に焼き上げる時間も温度も変えていきます

型を作る、絵を描く、金(22金)を酸で溶かし磁器に金彩を施す

5回の焼き上げ以外にも完成までには非常に手間のかかる工程(過程)が必要

ブラッシュ アイボリーは高度な技術を必要とする複雑で高価な磁器

描かれたお花ももちろん職人による手描きです

_IGP6237.JPG

平面に描くだけでも大変なのにこのように角度のある立体造形に絵を描くことができる

写真ではお分かりにくいと思うのですが実物はなだらかで単純な面にはなっていません

過程を惜しまず手間暇かけて心を込めた作品だからこそ、

1899年に世に出てから(ロイヤルウースターは制作年が一年ごとに分かります)

ずっと愛され、大切にされ続けてきたのです

紛失しやすい内蓋が完備されていることからもそのことがよく分かります

ブラッシュ アイボリーはアールヌーヴォーと共にありました

“花鳥風月”といいますが動物や風景画を描いたものは珍しく、

花が描かれている作品が多いです

アールヌーヴォーの衰退と第一次世界大戦の勃発により1914年に姿を消しました

僕が扱っている作品は全部自分が佳いと心から思った作品ばかりです

ブラッシュ アイボリーは大まかにいうと艶ありタイプと艶消しタイプに分かれます

どちらも好きなのですが艶消しの落着いた質感に一目惚れでした

次に買付けに行く時は自分用にブラッシュ アイボリーの一輪挿しを手に入れたいです

細身で繊細な作品に出会えるといいな

・・・・・

美輪明宏さんはこう述べておられます

現代は、便利に便利にとすべてが機能本位。
プロセスを味わうことは悪徳になってしまいました。
だからと言って「面倒臭い」を口ぐせにしていると、
無気力になって、知能と行動レベルが低下します。
そのうち食事もセックスも面倒になり、
いずれ人間でなくなります。
座敷ブタか家具になります。

家具ならまだ役に立ちますが座敷ブタでは何の役にも立ちません

人なればこそ、過程を楽しんでみませんか?

アンティークのポプリポットもただ飾るだけではちょっとさみしいです

お手製のポプリを入れて自然の香りでお部屋を満たしたらきっと素敵ですよ
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 2

cinnamon-cardamon

はじめまして。
ブログにご訪問いただきありがとうございました♫
素敵なお店ですね。
宝石など私には無縁と思っておりましたが
インドに行ってから、石のちからに興味を持つようになりました。
by cinnamon-cardamon (2012-09-21 15:36) 

Extar15

cinnamon-cardamon様

こんばんは、こちらこそコメントとniceをしていただき、そしてほめてくださりありがとうございます。インドへは一度も旅したことがないのですがタージマハルはぜひこの目で実物を観てみたいと思っています。

美輪明宏さんもおっしゃっていたのですが宝石は何十億年と地球に埋もれていた石です。その力は強烈で、ときとして人が負けてしまうほどの強さを持っています。なればこそ自分との相性、バランスの佳いジュエリーを身につけていただきたいですし、求める人のためにその出いを届けることができたならとてもうれしいです。
by Extar15 (2012-09-21 20:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。