So-net無料ブログ作成

愛情の反対は無関心 [monologue]

その言葉を象徴するような建物です

b3.jpg

山の頂上にあるのに窓ガラスも無く、

冬はスキーが必要なくらい雪も入り放題

b5.jpg

維持されるでもない

解体されるでもない

ただ見向きもされないだけ

人々を物心両面で抑圧してきたであろう共産党政権の象徴のひとつであるのに、

b1.jpg

b6.jpg

憎しみさえ抱かれない

ただ朽ちるに任せるだけ

EU最貧国で解体する費用を工面するのが難しいという現実的側面もあると思うけど

あまりの関心の無さ、どうでもよさに唖然としてしまいました

こんな大きな建物とまではいかないけれど、

日本でも毎日のように多くのものが心無く捨てられています

クリスマスが終われば年末の大掃除のシーズン

綺麗にすることは大切

でも何かを捨てようとする時はもう一度よく考えて

ものといっしょに心を捨ててしまうことだってあるのですから


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。