So-net無料ブログ作成

想像力が欠如していても [monologue]



誰かを思いやる気持ちが少しでもあれば北朝鮮へなんて行かないと思う

私的な旅行というのであれば一人旅をすればいいだけのこと

実はデニス・ロッドマン氏の経済状態はほとんど破産に近いらしいから、

形振り構わずビジネスのために訪朝したのだと思う

世界的に有名なNBAの元スーパースターの自分なら

熱狂的バスケットボールファンの独裁者も国賓として招いてくれるという計算があったはず

でも餓死者が出るほど国が飢えていていて、

いわれなき罪で強制収容所に収容され酷い扱いを受けている人も大勢いる

本来ならそういう人たちに回すべき豪華な酒食を自分は国賓扱いされて食べている

多くの人たちの犠牲の上に

申し訳ないし本当に恥ずかしいと思う気持ちはないのだろうか?

彼の今までの数々の奇行は演じていたのではなく地だったのかもしれない

誰かを思いやる気持ち以前にまともな神経自体持ち合わせていない気がしてきた

例えリップサービスでも独裁者を「イケてる若者」何て言ってはいけない

貧すれば鈍すの最悪の例

お金儲けが必要ならなら他の方法を考えるべきです
nice!(8)  トラックバック(0) 

nice! 8

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。