So-net無料ブログ作成

街を歩いていて [monologue]

感じたのは治安の良さ

他のヨーロッパの大都市に比べて治安が良いと言われているウィーン

もちろん用心をした上でのことですが実際その評判に偽りはないと思います

国内の旅でも僕は必要以上に夜間の外出をしません

ただ今回は晩秋から冬にかけての渡欧の旅だったので日が暮れるのも早く、

必然的に夜に出歩くことが多かったのですが、

夜道を歩いても不穏な空気は感じませんでした

_RIM0316

モノクロで撮る夜の景色も絵になります

_RIM0319

夜間は目抜き通りを外れると急に人通りが少なくなったりします

夜の路地裏の雰囲気を楽しむことのできる数少ない街のひとつですが、

それでも情勢(治安)は刻一刻と変わるもの

少しでも危ないと“感”が働いたら撤退することです

_RIM0377

メインストリートは昼も夜もいつもとても賑やか

_RIM0373

モーツァルトに扮した客引きもなかなか賑やかで、

観劇や演奏会の客引きであちこちに声をかけています

一人で行動しているせいか僕は声をかけられることがほとんどありませんでした

ウィーンの薬屋さん

16世紀の創業

_RIM0050

薬杯を持つ天使のモザイク画は1902年の改装時に作られたものです

この壁画だけでも110年以上の時を重ねているのです

_RIM0052

もちろん現在も営業中

_RIM0053

そしてこちらはウィーンの本屋さん

_RIM0146

帝都ウィーンに相応しい重厚感溢れる佇まいです

_RIM0147

カフェ・ツェントラルが入っておりますフェルステル宮

現在ではカフェやアンティーク店などが軒を構えています

_RIM0069

「フェルステル」は設計者である建築家の名前で、

かつてここはオーストリア・ハンガリー帝国銀行の本店でした

_RIM0070

パサージュには硝子を通した柔らかい日差しが降り注ぎます

_RIM0076

内部は装飾のひとつひとつがとても贅沢

公開されていない部分も含めるとかなり複雑な作りの建物です

_RIM0072

入口はちょっと地味ですので見落とさないようご注意ください

_RIM0084

教会もさすがの美しさ

_RIM0310

祈りとともに美しく

_RIM0311

ウィーンは美しい街

ウィーンを旅した気持ちになっていただけましたなら・・・とってもうれしいです
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。