So-net無料ブログ作成

ブダペストからプラハへ [monologue]

寝台列車は治安の事を考え個室をセレクト

日本円にしたらそれほど高い差額ではないので、

安心料と思って別料金を払ってでも個室にするべきです

実は今回の渡欧の旅ではブダペストープラハ間の寝台列車のみ、

日本で事前購入することができず、

現地の窓口で買わざる得なかったのですが正直結構不安でした

ブダペストに到着したその日にあらためて東駅へと向かい、

ヨーナポト!(こんにちは)と声をかけてハンガリー語で書かれたメモを渡しました

これだけでも相手の態度は全然違ってきます

受付の人はすごく真剣にメモを読んでくれて無事チケットを購入

昼間の列車だと直通でも7時間ほどかかるので、

寝ている間に到着できる寝台列車を確保できてほっとしました

プラハへ向かう乗車の当日

僕はあまり寝付きがよくないので

寝台列車で眠れなかったらどうしようと心配でしたが自分でもびっくりする程の熟睡

すんなり眠れて朝の寝覚もすっきりです

乗車時に車掌さんに朝食の飲み物を尋ねられ、僕は珈琲を頼みました

ささやかな軽食ですが朝のお目覚にはちょうどよいものです

そうして列車は無事定刻通り午前6:23にプラハ中央駅に到着

初めて訪れるプラハ

旅は夜明け前からの始まりです
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

mary

夜明け前から旅の始まり、素敵ですね^^
プラハの朝日を見て歩くんですね*.゜。:+.゜。*
よく眠れたということですが、列車の揺れが心地よかったのかしら?^^
よく眠れた翌朝のモーニングコーヒー、素敵な旅ですね^^
by mary (2014-02-20 13:40) 

Extar15

mary様

こんばんは、コメントをしていただきありがとうございます。ホームを降りてもまだ真っ暗で、構内で再度調べものをしたり少しだけ両替をしたりしてから地下鉄に乗ったので残念ながらプラハの朝日を見ながら歩くことはできませんでした。

列車の揺れはとても心地良くかったです。朝の珈琲が楽しいと旅がより楽しくなるということを再認識することができました!
by Extar15 (2014-02-21 00:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。