So-net無料ブログ作成

百年、そして千年 [アンティーク]

いま、われわれは千年前の時代背景を、おぼろげながら想像することはできても、
そのころの生活を実感することはできない。
当然のことながら、当時のものを見て驚き、不思議に思い、感嘆することはできても、
それを実用に供することは難しく、すべて歴史のなかの一点として眺め、
その古さを認識して通り過ぎるだけである。
だがそうした歴史の茫々たる流れのなかで、いまもなおわたし達の胸に訴え、刺激し、
新鮮な感動を呼びさますものがある。
「源氏物語」は、まさしくその最たるものである。

・・・・・・・

先日読み返した渡辺淳一さんのエッセイより

「千年」を「百年」

「源氏物語」を「アンティークジュエリー」に置き換えても全く違和感がないことに気づきました

百年前に生きていた人、いまを生きる人、百年後の世界に生きている人

どんなに時代が、世界が変わっても美しさを求めるのは人としての真実の思いです

本日お店に掲載いたしましたボヘミアンガーネットピアス

いまから千年後の世界でも輝き続けていることでしょう

人が美しさを求める限り

・・・・・・・

時を超えて残り続けるためのもう一つの条件は作りの良さ

こちらの写真(お気に入りのカットです)でお分かりの通り真正面から見ても爪が目立たず、

現代品とは雲泥の差と言っても過言ではないでしょう

ボヘミアンガーネットピアス(こちらからご覧ください→)

オーストリア・ハンガリー帝国、1890年代

_RIM1009
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。