So-net無料ブログ作成

川原亜矢子さんの言葉から [アンティーク]

仕事をがんばった自分へのご褒美に、
そして24歳という人生の新しい出発点に立った自分への激励も込めて、
フラワーモチーフのリングを購入しました。
憧れのジュエリーを自分のものにした喜び。
今でもその感激をはっきりと覚えています。

以来私は、自分の誕生日にひとつずつジュエリーリングをプレゼントしているのです。
宝石には、それぞれに意味があります。
たとえばペリドットなら

_IGP8209

「汚されないで、自分が守られる」などというように。

_IGP8216

そこで私は、誕生日にそれからの一年をどう過ごしたいか、という目標を設定して、
その気持ちをジュエリーに託すようにしているのです。
仕事をがんばりたい、穏やかな一年にしたい、
そんなふうに具体的に言葉にして、
それを宝石に託すのです。
つまり、私が手に入れたジュエリーは、
その年その年の思いが形になったもの。
すべてひとつひとつに思い入れがあり、
そのリングを見るとその年のことを思い出すことができます。

ジュエリーは人からプレゼントされるもの、なんていう方もいますが、
私は自分で購入していく楽しみがあってもいいのでは、と思っています。
自分が歴史を重ね、女性として育っていくプロセスの証として、
ひとつひとつ積み上げていけたら、
こんなに贅沢で素敵なことはないと思うからです。

・・・・・・・

現代品では決して得ることのできない、

歴史あるものだけが教えてくれる素敵で贅沢な世界

2014年、アンティークジュエリー・デビュー、してみませんか?
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。