So-net無料ブログ作成

隣町で [monologue]

いつでも行けると思っていたせいかすっかりご無沙汰していた小樽へと行ってまいりました

実に二年振りです・・・

今日は特に風が秋っぽかった札幌と小樽

気のせいか車窓から見る空の色も秋のようです

_RIM1088

小樽駅に到着

さすがにローマ字は左読みです

_RIM1100

改装したのは知っていましたが駅中央のホールはそのままの様子でした

_RIM1104

窓一面に並べた硝子ランプ

この景色だけはずっと変えてほしくないです

_RIM1107

人力車って乗ったこと無いな・・・

何でしょう?ちょっと気恥ずかしいです

_RIM1112

やっぱり小樽は木造建築より石造りが似合います

_RIM1132

大変ですね、お父さん

実際には預かってはくれないと思うのですが・・・

_RIM1133

これは二年前には無かったはず

新撰組最後の生き残りだった方の終の棲みかは小樽だったということもあり、

武士の世界とも全く無関係ではないのかもしれませんが・・・

これを見た瞬間正直何と言うか違和感を感じてしまいました

_RIM1136

こちらは僕が子どもの頃から変わらない北一硝子(3号館)

ランプを見るとなぜだか心が落ち着きます

_RIM1140

こちらは小樽オルゴール堂

ちょっとレトロな写りに仕上がっているのはカメラのシーンモードを「クロスプロセス」にしているから

_RIM1190

蒸気時計も大好き

音と煙で時を告げる蒸気仕掛けは冬に見るとより味わい深いです

_RIM1195

オルゴール堂内部

_RIM1219

招き猫オルゴールなど猫さんもたくさんいますよ

_RIM1220

定番なんだけどやっぱり外せないポイント

_RIM1247

そう、小樽運河です

_RIM1248

なかなか見ることができない上から俯瞰した小樽運河の景色をお届けしたく、

「ホテルノルド」の展望ドームへと向かいます(実は初めて)

_RIM1267

午後はティータイム、夜はバーになります

このままでも十分良いのですが、

_RIM1285

このように外に出ることができます

(ベンチもあります)

_RIM1290

北運河と小樽港

遠くに見えるのは小樽に寄港中の外国の大型クルーズ船です

_RIM1292

上から見た小樽運河

地上から見るのとはまた違った景色

冬はドームの外には出られないかもしれませんが冬の運河、雪景色をぜひ見てみたいです

_RIM1295

クロスプロセスで再びレトロに

_RIM1315

小樽運河の水は澄んでいないのにこれまた落着くのは何故でしょう?

観光地らしさと観光地らしからぬところが同居しているのも関係しているかもしれません

_RIM1321

変わったところもありましたが全体的にはそれほど変わっていなかったのでほっとしました

これからも(良い意味で)変わらぬ小樽であってほしいです
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。