So-net無料ブログ作成

夢に出るくらいの [monologue]

酷いダメージを受けて

ようやくどうにか回復してきました

お休みしておりましたブログも再開です

「いいこと。ダメージを負った人間は危険よ。必ず生き残る」

ある映画のセリフですが…

ダメージを負った人間から受けるダメージは相当なものがあります

必ず生き残るというのは他人にダメージを与えても何も感じない、

あるいはダメージを与えていることに気づかない、

自分のためだけの強さを持っているということ

大人になって経験を重ねた分、

若い頃に受けたそういったダメージに比べても回復は早くなっているけど・・・

受けてしまいました、久々に

ダメージや苦労を一切していない人なんていない

でも、だからこそ人に優しくなれる

そんな人のいかに少ないことか…

例えば会社員時代の上司を思い出すだけでももう笑ってしまうくらいの惨状

誰にでもは優しくないけれど

心許せる人には自分でも気づかないほど自然に優しくなっている人でいたいなって思う

他人を傷つけることでしか生き残れないような生き方はしたくないから

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。