So-net無料ブログ作成

トリコトール [アンティーク]

ご存知フランスの三色旗

左から順に青、白、赤と配され、

青は自由、白は平等、赤は博愛を表すと学校でも習ったと思います

「トリコロールというのはフランスの国旗そのものを表す言葉なのかな?」

「それとも青、白、赤の色の組み合わせのことをトリコロールと言うのかな?」

この名を覚えた若かりし頃、二人で語り合っていました

二人とも答えを知らなくて・・・トリコロールというのは三つの色ということであり、

フランス国旗そのものを指す言葉ではないこと

三つの色の組み合わせがあれば青、白、赤でなくとも“トリコロール”であること

そのことを知ったのはずっと後になってのことでした

それよりもちょっとショックだったのが、

青、白、赤はそれぞれ自由、平等、博愛を表すものではないということでした

フランス革命期に生まれたスローガンであり、

現在の国旗も同時期に成立したものなので混同されているんですね

青と赤は元々パリ市のシンボルカラーで革命軍の帽章に使われていました

それにフランス王家を表す白百合の白を配したのが三色旗の成り立ちです

それなのに紛らわしい(?)ことにフランス政府公式ロゴマークでは、

青、白、赤の下にそれぞれ自由、平等、博愛と書かれているんです

たしかに青が自由、白が平等、赤は博愛であるとの明確な規定はありません

でも・・・それぞれの色とそれぞれが表す意味は実際に合っている気がします

感覚的なものですがそれで良いと思うんです

理が全てではないことを知る方に普段使いをしていただきたい

青(サファイア)、白(シードパール)、赤(ルビー)

トリコロールの指輪です

_IGP9185

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。