So-net無料ブログ作成

長く使われてきた呼び名は [アンティーク]

なかなか簡単には変更できないもの。「黒太子のルビー」もそのひとつです。

黒太子のルビー.jpg

大英帝国王冠の正面中央、最も目立つ場所にセットされているこの赤い宝石は王冠に使われている宝石の中で最も古いものの一つで、黒太子ことエドワード皇太子が手に入れたのは時に1367年のことです。ルビーと呼ばれていますが実はルビーではなく(レッド)スピネルです。そのことが分かってもなお黒太子のルビーであって黒太子のスピネルとは呼ばれません。スピネルは数ある宝石の中でも産出量がとても少なく希少な石で170カラットにも及ぶこの巨大なスピネルは希少中の希少であるのですから本来の名前に戻してあげても良いと思うのですがそこはやはり受継がれてきた歴史に敬意を表するということなのでしょう。

フランスとの百年戦争の真っただ中、父であるエドワード三世の跡を継ぎエドワード四世になるはずだった黒太子は父王より先に亡くなったため皇太子のまま生涯を終えました。英国王として戴冠することはついになかったのです。

もっとも、この頃王冠にはまだ黒太子のルビーはセットされていませんでした。黒太子のルビーは国有財産ではなくエドワード皇太子が前所有者から個人的にもらい受けた文字通りの個人所有物だったからです。そのためかこれほどまでの見事な宝石であるのに1376年に皇太子が亡くなって以降は1415年になるまで歴史の表舞台に現れることはありませんでした。

エドワード皇太子の前所有者に渡る以前の詳細は分かっていませんがこの赤い宝石が発掘されたのは中央アジア、現代のタジキスタン共和国であると言われています。それがやがて当時グラナダ(スペイン南部)を領有していたイスラム教徒の王族アブー・サイードのものとなりました。当時のスペインは異教徒に奪われた国土を取り返そうとレコンキスタ(国土回復運動)の真っ最中で、カスティーリャ王国(現在のスペイン中部)国王ペドロ一世は国土の回復は成し遂げられませんでしたがアブー・サイードから後に黒太子のルビーとなる赤い宝石を獲得することには成功できたのです。

しかしペドロ一世も安泰ではありませんでした。有力貴族連合と彼らによって(御しやすいからと)担ぎ上げられた異母兄弟から反乱を受けます。絶体絶命のペドロ一世はエドワード皇太子に助けを求めました。16歳の初陣より武人として数々の戦場で名を馳せてきた皇太子以外に頼れる者はいなかったのです。エドワードのおかげで危機を脱したペドロ一世ですが代償もありました。報酬として大事な黒太子のルビーを要求されたのです。渋々、泣く泣く譲り渡し、こうして黒太子のルビーはエドワードのものとなったのです。

ちなみに黒太子の名の由来は彼が戦場でいつも黒い甲冑を身にまとっていたからと言われていますが存命中にこの名で呼ばれた記録は無く、百年戦争の英雄である伝説的な武人を同名の父王と区別するための尊称として後の時代に黒太子と呼ばれるようになったと考えられています。

エドワード以後代々の王朝に受継がれた黒太子のルビーは幸運の石でもあります。再び歴史に登場した1415年、フランスとの百年戦争はまだまだ続いており、イギリスはヘンリー五世の治世となっておりました。同年10月25日、アザンクールの戦いによってイギリスに大勝利をもたらしたヘンリー五世の戦装束は金箔を施した鎧に兜には真珠、ルビー、サファイアを散りばめるといったど派手なもの。中でもひときわ輝くのが大きな黒太子のルビー。目立つので当然狙われます。頭を直撃されもはやこれまで!ところが王は黒太子のルビーと共に無事生き延びたのです。

その後も黒太子のルビーは幾多の危機を乗り越えましたが中でも最大の危機は17世紀でした。世界史の授業で習ったことがあると思いますが17世紀のイギリスは10年ほどの間共和制国家であったため、王権の象徴であるロイヤルジュエリーは共和派によってバラバラにされてしまいました。金は溶かして地金にされ、宝石も売られてしまったのです。普通ならここで歴史の闇に消えてしまうのですが黒太子のルビーの幸運は本物。やがて王政復古によりチャールズ二世によって買取られ(販売者不詳)、再びイギリス王室の宝となったのです。

こちらの写真だとよく分かるのですが黒太子のルビーの最大の特徴は原石から研磨はされていますがカットが施されていないことです。斜めに入った傷は兜に着けられていた際に戦場で受けたものと言われており、上部に蓋(こちらはスピネルではなくルビー)がされているのは首飾りとして使用されていた時期があったためです。長い歴史によって大きさ以上の独特な存在感を持ち、すぐ下にセットされた317.4カラットの巨大なダイヤモンド(カリナンⅡ)に全く引けをとっていません。

黒太子のルビーと.jpg

ルビーを手にされている方はいてもスピネルを、それも希少なアンティークのスピネルを手に入れられ、受継ぐことができるのは選ばれし方のみ。スピネルとダイヤモンドのクラスターリング。身に着けてながめているとルビーとはまた違う独特な雰囲気を感じることができます。そしてそれは・・・受継がれた方だけの特権なのです。

ホームページの作品紹介ページはこちらです→

_IGP5595

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。