So-net無料ブログ作成

ドナルド・ダックは可愛いけれど [monologue]

ドナルド・トランプは可愛くないな…

でも正直アメリカ大統領になるなんて思わなかった

最終的には「良識」が働いてヒラリーが大統領になる

当たり前のようにそう考えていた

トランプ氏も所謂売名行為の一環で本気で大統領になる気はないように思えたから、

ご本人も内心「当選しちゃった!どうしよう!」って頭を抱えているのかも

隠れファンの存在が勝利の大きな要因のひとつらしいけど…

「好き」という感情は本当に不思議

傍から見るとどこが良いのだろうと思ってしまう

文化、存在、価値

自分とは異なるものに対する寛容がまるで感じられないところが怖い

都合の良い「壁」など幻想でしかないのに・・・

「異」という文字は「田」を「共」にとも解読できるけど、

異なるものを表すのに共にとはどういうことだろうと不思議に思っていました

例の漢語辞書を調べると田の下は本来は共ではなく、

左右に「土」の字が並ぶ形になっているのが本来であり常用漢字の方が省略形であるとのこと

由来としては人が鬼やらい(払い)の儀式に被る面を着け、

両手を上げている様をかたどって(象形文字)いて、

それを被ると恐ろしい別の存在になるところからことなるの意味を表しているのです

誰かを自分とは異なるものとして追い払おうとする時

追い払いたい相手より追い払おうとする者の方が実は恐ろしい存在になってしまっている

表に見える面の下には実は美しいものが溢れているかもしれないのに

狭量と偏見はセット

それらから完全に自由になることは難しいけれど...

こんな時代だからこそ寛容の心を忘れずにいたい

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。