So-net無料ブログ作成
-| 2011年01月 |2011年02月 ブログトップ
- | 次の29件

アラーキー [カメラ]

20050316.jpg

かつて東京を撮ったアラーキーの写真を見て、何でわざわざこんな何でも無い街を撮ったのだろう?と理解ができなかった。それこそただ適当にシャッターを押しただけに見えて、彼の他の写真は好きなのに東京の街の写真は好きになれなかった。

今、自分がアラーキーの撮る街の写真を言葉で説明して“理解”できるかは分からないけど、それでもなんだろう、彼のように自分も自分の生まれ育った街を撮りたいという気持ちが心にわき出ているのが感じる。そう、撮りたいんだ。街を。

でも街撮りには苦手意識がある。どうしても“作品”を意識してしっかり構えてしまう。この写真はペンタックスLXに28mmで撮ったものだけど、同じLXを使うアラーキーの足元にも遠く及ばない。現像が上がった写真を見る時はいつも嬉しかったりがっかりしたり(そのがっかりもまた楽しいのだけど)。でも街を撮った写真を見るとがっかりの方が多くて自信を無くしてしまう。

考えすぎ、構えすぎなのかも知れない。アラーキーのドキュメンタリーを見ると本当に楽しそうにスピーディーにリズミカルに撮っている。そんな達人にはなれないかもしれないけれど、彼のリズムの真似だけでもやってみたくなる。そしたら少し何か道が開けるかもしれない。

週末はカメラを持って街へと出かけよう。良いと思ったらそれ以外は余計なことを考えないでシャッターを押してみよう。

リコーオートショット [カメラ]

IMGP2583.JPG

残念ながら故障してるけど・・・。機械式カメラなのでおそらく復活させることは可能。自分で修理するつもりでジャンク品を買ったのだけど、その後同じリコーのオートハーフを分解して大いに後悔したので結局断念。ゼンマイはしっかりしてるし露出計も生きてるのだけれどシャッターが粘っているらしく、フィルム面に光が届かない。

今のところは修理に出す予定は無くて、もっぱら部屋のインテリアになっているけどこのデザインはもう本当に素晴らしい。リコーのカメラは写りだけでなくデザインにも外れが無いと思う。

1964年に発売されたカメラ。まだアンティークとまではいかないけれど、きちんとメンテナンスしていけばおそらく100年経ってもちゃんと使えると思う。できれば今から50年後の未来にも、細々とでもいいからフィルムというものが生き残っていてほしい。カメラは写真を撮るためのもの。フィルムが絶滅した後で空シャッターを切るだけじゃ空しいから。

十一月とLes cerises [monologue]

IMGP2577.JPG

ガラス(レンズ?)は古道具十一月で買ったもの。

エッフェル塔のミニチュアは雑貨、アンティークのお店Les cerisei(レ スリーズ)で買ったもの。

どちらもささやかなものだけど何だかとても気に入っている。

初めて外国へと旅したのは30歳を過ぎてから。10代、20代の内に外国を見てみたかったのだけど色々あってそれは叶わなかった。だけど今はそれで良かったと思っている。分別のある大人の年齢になってから旅したことで“冷静と情熱”のバランスが上手く取ることができたと思う。

初めての外国、しかも一人でということで職場の人間には散々余計なことを言われた。気にしてなかったけどいい歳をしても一人で行動できない、群れたがる人間というのは以外に多いものだ。幸いにも僕は一人でたいがいのことはできる。好奇心と行動力が歳を重ねるごとに旺盛になる人間でいたい。

今年は何とか時間をやりくりさせてカメラとたくさんのフィルムを持ってヨーロッパへと行きたいな。メインはイギリス。そしてフランスとベルギーへ。旅はいつも一人旅。だけど空しくなんか全然無い。旅の無い人生の方がよほど空しく味気ないのだから。

PENTAX K-r [カメラ]

IMGP2573.JPG

ミニチュアですが・・・。

僕はもっぱらフィルムで写真を撮っている。でもフィルムに固執してデジタルを否定する訳では決してない。デジタルの良さももちろん認めてる。最も惹かれるのはISO感度を撮影途中で自由に変えられること。フィルムでは不可能な超高感度で撮影ができる。カメラ本体で手ブレ補正もしてくれる。ストロボも三脚も嫌いな僕にはぴったりだ。

買おうと思えばいつでも買える。ペンタックスを愛用しているものとしてK-rやK-5には非常に心ひかれる。でもやっぱりカメラにフィルムを入れ、自分で巻上げ、ピントを合わせてシャッターを切る。これがもうとにかく楽しい。撮っていて楽しくさせてくれるカメラは長年使った愛着あるカメラだから。その、愛機たちもデジタル一眼を買ってしまえば先ず使わなくなるのは目に見えている。デジタルは便利で多機能、失敗する可能性は限りなくゼロに近いのだから。使わなくなってしまって、今まで愛用していたフィルムカメラが公園に静態保存されたSLみたいになってしまうのはあまりに悲しい。だから僕はこの世にフィルムがある限りフィルムで写真を撮り続けたいと思う。

はじまりはじまり [monologue]

IMGP2563.JPG

2011年1月1日、今日からはじめました。

アンティーク、レトロなものが大好きなアマチュアカメラマンのブログです。

ブログは初心者です。よろしくお願いします。
- | 次の29件
-|2011年01月 |2011年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。