So-net無料ブログ作成

そういえばライカも [カメラ]

_IGP2714.JPG

LVMH傘下だった。

2009年に出た「ライカM7エルメスエディション」もそういった関係があったからこそ実現したんだろうね。全世界200台限定、お値段なんと140万円(当時)。とてもじゃないけど買えない・・・。でもきっと撮影用ではなくて完全なコレクションアイテムになってしまうんだろうなー。

今は“カメラと言えばデジタル”の世の中。ちょっとさみしいことだけど、その分フィルムカメラが本当に信じられないくらい安く手に入る。それはライカでさえも例外ではなく、M2、M3あたりだと十分程度のいいものでも8~9万円で済むものが珍しくなくなった。実際の撮影では他のフィルムカメラに比べてもはるかに使いにくいカメラなのだけど、それでも昔からずっと欲しかった。往年のプロカメラマンへの憧れも関係してると思う。何となくライカだったら彼らの様な素晴らしい、いい写真が撮れそうで。やっぱりいつかは手に入れたいな。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。