So-net無料ブログ作成

NANAを読むまで [monologue]

_IGP3673.JPG

ヴィヴィアン・ウェストウッドという存在を全く知らなかった。実際に自分が着たり身につけたりしても似合わないだろうな・・・と思う。センスも全然かけ離れたものだけど、見ていると何だか気になってしまう。そんな存在。

この記事に書かれているヴィヴィアン・ウェストウッドの言葉にすごく共感できる。安きに流れる大量生産品には何の価値も魅力も感じ無い。同じものが溢れるくらいにたくさんあるってどうなんだろう?コーディネイトで組み合わせを変えてみれば可能性もあるけど、それそのものにはオリジナルというものがない。「誰かが同じものを着ているんだろうな」って考えるともうそれだけで嫌になってくる。

もしも同じように思ってくれる人がいたら・・・とってもうれしいな。

にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。コメント・足跡代わりに応援のクリックをよろしくお願いいたします。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。