So-net無料ブログ作成

18金とエマイユのフレンチブローチ [アンティーク]

_IGP3817.JPG

Web Shopはこちらです

フランス、1890年頃

(kozmic blueで写真を載せていますがあらためまして)

ショップの方に細工部分を拡大した写真を載せています

ため息がでるほどの繊細で美しい細工をぜひご覧になっていただきたいです

21世紀の今、これと同じものを作るのはほとんど不可能に近いと言っていいでしょう

時間、手間、費用、いずれかを無視できても全てを無視することはできないからです

でもこのブローチが作られた120年前のフランスは違います

ベルエポックの時代の残り香を感じさせてくれるアンティークジュエリー

本当の豊かさを教えてくれます

にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。コメント・足跡代わりに応援のクリックをよろしくお願いいたします。

成らぬは人の為さぬなりけり [monologue]

出来るか出来ないかっていうのは結局どこまで本気なのかで決まるもの。ドイツに出来て日本に出来ないことはないはず。ただ問題は技術じゃなくて政治の方。両国の技術レベルは優劣つけがたいものだと思うけど、政治のレベルの高さはドイツが圧倒的で、それに対して日本はあまりに低すぎて話にならない。管首相の次の人がドイツを見習ってもう、こんな危険で不完全で割に合わない原子力発電なんて止めよう!と声を上げたとしても結局言い合うだけで何の結論も道筋も決めることができないまま時間だけが過ぎていきそう。原子力って人間がコントロールできる類のものではないって本当はみんな分かってるはずなのにね。今やらなければきっときっと未来の子孫に禍根を残すことになる。一気には無理でも段階的になら必ずできるはず。嘘や言訳やごまかしは捨ててもうそろそろ決断しよう!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。