So-net無料ブログ作成

光り遊ぶオパール [アンティーク]

_RIN4102.JPG

宝石として愛されるオパールには遊色効果があります。遊色効果とは入射した光がオパールの内部構造の特性によって分光(プリズムを思い浮かべてください)されて反射し、単色ではない虹のような多色の光をきらめかせる現象のことです。角度や光源を変えると虹の現れ方も変わってきます。その指で光を遊ばせてみませんか?

遊色効果を写真に収めるのはなかなか難しいです。オパールの虹のきらめきと周囲を囲むダイヤモンドの輝きを両立させた写真は更に難しく、実物を目の前にすると歯がゆいというか申し訳ない気持ちになってしまいます。ショップの方では送料無料で事前送付を大歓迎しています。御興味のあるかたはどうぞお気軽に実物をご覧になってみて下さい。きっと気に入っていただけることでしょう。

このリングとの出会いはロンドンでした。僕にとって買付とは出会いのことです。なかなか良い出会いに恵まれない時もあれば、思わず「運命に!」と言ってしまいたくなる瞬間的な出会いもあります。たくさんのアンティークの中で何よりも真っ先に目に映り、買付を決めた後で他の品をチェックしてもやっぱりこれが一番好きだった・・・そういう時は何よりうれしいです。もちろんこのリングもそうでした。アンティークという歴史をつなぐ仕事をする者として誰かに同じように運命を感じて愛してもらえたなら・・・とってもうれしいです。

イギリス、1901年

よかったらショップの方もご覧になってみて下さいね。今回の記事を元に説明を加筆しています。


にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。コメント・足跡代わりに応援のクリックをよろしくお願いいたします。


自分 [岡本太郎さんの言葉]


今までの自分なんか、蹴トバシてやる。
そのつもりで、ちょうどいい。
いちばん大切なのは、自分自身にうち勝って、
自分の生きがいを貫くこと、
これがいちばん美しい。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。