So-net無料ブログ作成

アンティークのケトル [アンティーク]

32956226[1].jpg

お湯は沸かせませんが・・・

サイズは縦約1.8cm×横約1.5cmと、とっても小さいです

お湯が沸かせないケトル・・・これはいったいなんでしょう?

正解はシールです

「シール」といってもステッカーとは違います

封筒や重要な文書などをロウソクで封するのですが(封蝋)、

蝋燭が固まる前に印章を押します。この印章がシールなのです

21世紀の現代でもイギリスでは重要な契約を交わす時などは封蝋された文書を用います

実用的なシールには個人を示すイニシャルや家系のシンボルが、

インタリオ(沈み彫り)されています

ただしシールは決して実用一辺倒だけではありません

33075338_o1[1].jpg

以前、ブログでも紹介したジョージアンのシールです

一つにする、結びつけるという意味のUNITEが彫り込まれています

きっと変わらぬ友情の証としてつくらせたものなのでしょうね

ケトルの底はこんな感じです(ブラッドストーンです)

32956226_o2[1].jpg

あれ?何も彫られてないけど・・・これもシールなの?

そうです。彫り込みが無いので印章として使えませんがこれも立派な「シール」なのです

実用品ではなく、チャームの一つとして楽しむために作られたものです

ブレスレットはもちろん、チェーンを通せばペンダントにもなります

金貼り(GOLD CASED)なので、たくさんのチャームと一緒にするとやがて箔が剥がれます

その風合いもまた良いかもしれませんが、このシールは状態が良くとても綺麗なので、

できればこのまま一個のペンダントトップとして大事に使ってもらえたらうれしいです

そのためショップではネックレスのカテゴリーに掲載しています

遊び心のあるアンティーク、大好きです


にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。コメント・足跡代わりに応援のクリックをよろしくお願いいたします。

苦しいとき [岡本太郎さんの言葉]

91520021.JPG

ぼくはどんなに苦しいときでも、苦しいような顔をしないから、自由
気ままに生きているようにみられたね。ぼくはいままでどんなに苦し
い状況のなかにあっても、にっこり笑って悲劇的でありたいと思って
いたからね。
食えなけりゃ食えなくても、と覚悟すればいいんだ。それが第一歩だ。
その方が面白い。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。