So-net無料ブログ作成

ポプリポット [アンティーク]

僕の鼻は残念ながら効きがイマイチで、

そのせいでしょうか香りにとても憧れがあります

“匂い”ではありません

“香り”です

匂いという言葉の響きに、あまり美しさを感じないんです

香水にもずっと以前からとても興味があります

でも今年こそは香りをつけようと思いながら未だ実現には至っていません・・・

自分に似合う香りを見極めるのにはまだまだ時間がかかりそうです

33167912[1].jpg

こちらはポプリポット、今度はお部屋の香りのお話を

あまり人の家の香りが気にならない方なのですが、

人工的で、いかにも化学合成然とした香りの強い芳香剤は苦手です

ほのかに香るポプリは日本ではどこの家にもあるものではありませんし、

鼻の効きがイマイチな自分にはかすかにしか感じ取ることができません

でもその分優しさを感じさせてくれるポプリの香りが大好きです

いつか自分用に小さなアンティークの香水瓶とポプリポットを手に入れたいな・・・


ロイヤルウースターのポプリポット

イギリス、1899年


にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。コメント・足跡代わりに応援のクリックをよろしくお願いいたします。

自分を賭ける [岡本太郎さんの言葉]


いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。
やってごらん。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。