So-net無料ブログ作成

砂の絆・・・あるGHQ将校の予言 [monologue]

私なりに日本をみていると、日本の将来は不安だ・・・・・・。

明治時代の初めは、日本にはタテ線の古来の文化があった。そこへ、西欧からヨコ線の文化が入り、タテとヨコの交錯で、点と線の素晴らしい文化が芽生えた。

だが、こんどの戦争で、タテもヨコもみんなこわれてしまった。これからの日本は、もしかすると、すべて、点の集積でしかなくなる。点は一個の砂粒に等しい。砂粒はいくら集めても、固い岩石の強さには成りえないのです。

いずれ、日本人は退廃を招くかもしれませんね・・・・・・。モラルなき社会は、徹底した利己主義の社会になるでしょう。ということは、つまりですね・・・・・・、他人無視の風潮がはびこり、それがこの国の大きな社会病理となることです。そのことが不安ですね。


1946年のこの予言は21世紀の今、現実になってしまいました

それでも抵抗しよう

優しさと美しさで

この世界を救うのは優しさと美しさだけなのですから


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。