So-net無料ブログ作成

ライカでモノクローム [monologue]

ちょっと(かなり?)びっくりするようなデジタルカメラが8月にライカから発売されます

ライカMモノクローム

世界初の“モノクローム撮影専用デジタルカメラ”です

店頭予想価格はなんと驚きの90万円!もちろんレンズは別売りです

モノクロームの写真しか撮ることができないデジタルカメラ

でも意外に思われるかもしれませんがカメラの撮像センサーはカラーセンサーではありません、

実はそれ単体では色を判別することのできない、モノクロセンサーなのです

センサー前面に赤、青、緑(色の三原色)のカラーフィルターを規則的に配置し、

その情報を元に画像処理で各色を再現しているので(一部のダイレクトイメージセンサーを除く)

カラーフィルターを廃せば晴れてモノクローム専用機となれるのですが、

それにしても思い切ったことをするな・・・というのが正直な感想です

学生のころはモノクロームフィルムで写真を撮り、暗室で自家現像をしていました

現像液に浸した印画紙に写真が浮かび上がる

初めて経験した時はとても感動しましたしその後何度経験しても楽しくて仕方がありませんでした

モノクロームフォトはデジタルのおかげで手軽に簡単に楽しめるようになりましたが、

フィルムで撮って自分で現像していた時のあの感動だけは味わうことができません

自家現像はできませんがフィルムで写真を楽しむことは今でもできます

モノクロームフィルムをカメラに詰め

どこかへふらりと写真を撮りに出かけてみたい

_IGP4106.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。