So-net無料ブログ作成

18年後 [monologue]

再び日本で金環日食を見ることができます(今度は北海道)

2012年の今、金環日食の話題で盛り上がるだけの余裕が日本にはまだあります

18年後の2030年、このままの調子で行ったらその頃の日本いえ世界は、

天体ショーを楽しむ余裕すら無くなっているのかもしれません

「地球がもう1個必要」ではなく「地球が2個あっても足りない」状態になる可能性が高いのですから

正直、数字を色々出されてもピンとこないところはあります

でも「このまま」がいつまでも続くはずがない、

続けていたら人類自体が破綻してしまう

普段の暮らしの中でもふとそう感じてしまう時があります

数字ではなく、直感というか肌で感じるものなのなので、

理論的なものでは全然ないのですが・・・

地球は人間が勝手のできる所有物ではない

地球こそが大家さんで生きているものは人間も含めて全て間借り人

このままだと大家さんに追い出されてしまう

他に住む所も無いのだから貸していただいてると一人一人がもう一度謙虚になってみよう

たとえば今、日本の全原発が停止で電力不足が問題になっている

電力が足りるのか足りないのか実際のところは分からないけど、

電気を思うがままに際限無く使ってきたからこそ今になって不安になっているのだと思う

後戻りが出来ないのなら進み方を変えていくしかない

省エネ、節電が当たり前の世の中になれば、

地球という大家さんも追い出さずにきっと仲良くしてくれるはず


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。