So-net無料ブログ作成

色気 [monologue]

この人は自分に恥をかかせることはないだろうな
と思わせる言葉、態度。
日常のさりげないしぐさで伝わる
上品な優しい雰囲気。
それが色気の正体です。
エロと色気は違います。
見える部分を繕って勝負をかけても、
男はいとも簡単に見抜きます。

美輪明宏さんの言葉です

どうして今日この言葉を紹介したかというと・・・

美しさとは間逆の話題なので書こうかどうか迷いましたが、

AKB48の河西智美さんが出すというソロ写真集

YAHOOでも普通にニュースとして出ていたのであの写真を見た方も多いと思います

「色気」でないのはもちろんだけどもはやエロですらない

形容する言葉が見つからないほど酷くて何とも言えない嫌悪感を覚えました

男がみんなああいうのを好きなんだと思ったら大間違い!

僕が特に嫌に感じたのは"他人を巻き込んだ"ということ

他の人とは視点が違うかもしれませんが子供とかそういうことは関係なく

ああいうことを他人にさせた(強いた)という、

その事実がとにかく嫌でした

「自分の手を汚す」(あえてこの表現を使います)のならまだエロ程度で済みましたが、

厳しい言葉だけどこれは罪に値する行いです(法律云々は関係なく)

残念なことは他にもあります

批判覚悟でも悪ふざけでもないただ何も考えずに作ったような中途半端なものを、

何も考えずに中途半端に話題づくりと称して何の疑問もなく大量にメディアに流し、

批判を受けて言い逃れができなくなるまで誰も途中で止めなかったということ

成熟した社会に生きるまともな大人のする行為ではありません

「このままでは国全体が幼稚化し、
日本には大人がいなくなってしまいます。」

美輪さんはこのようにもおっしゃっておりましたが決して杞憂ではないでしょう

もうすぐ成人式

まもなく成人を迎える人も既に成人である方も

"大人"であるとはどういうことか

もう一度深く静かに考えてみる時ではないでしょうか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。