So-net無料ブログ作成

六花の指輪 [アンティーク]

六花と書いて「りっか」と呼びます

結晶が六角形であることから名付けられた、

雪を表す表現で一番美しい言葉です

雪の結晶にはどれ一つとして同じものがありません

全てが一品ものであるアンティークにも通じるものがあります

空から降りてくる雪の花でなく野に咲く花をイメージして制作されたものであったとしても、

雪降る街で育った僕には六花に思えてなりません

真珠だけで作られた指輪としてはありそうでなかったデザイン

指とともにある姿が一番美しいです

_IGP7984.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。