So-net無料ブログ作成

memento mori [monologue]

何で自分をみがくか。基本はさっきもいった通り、
「人間は死ぬ・・・・・・・」という、この簡明な事実をできるだけ若いころから意識することにある。
もう、そのことに尽きるといってもいい。何かにつけてそのことを、ふっと思うだけで違ってくるんだよ。
自分の人生が有限のものであり、残りはどれだけあるか、こればかりは神様でなきゃわからない、
そう思えばどんなことに対してもおのずから目の色が変わって来る。
そうなってくると、自分のまわりのすべてのものが、
自分をみがくための「みがき砂」だということがわかる。
逆にいえば、人間は死ぬんだということを忘れている限り、
その人の一生はいたずらに空転することになる。
仕事、お金、時間、職場や家庭あるいは男と女のさまざまな人間関係、
それから衣食住の全てについていえることは、
「男のみがき砂として役立たないものはない・・・・・・・」ということです。
その人に、それらの一つ一つをみがき砂として生かそうという気持ちさえあればね。

・・・・・・・

池波正太郎さんの言葉から

最後の一言が何よりも重く響いてきます

(チャンスを)与えられても生かしきれなかったら何の意味も無い・・・

もっともっと磨きたい

自分自身を

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。