So-net無料ブログ作成

永遠のカメラ少年たちへ! [monologue]

_RIM0450
_RIM0450 posted by (C)ホープ アンティークス 札幌

CAMERA MAGAZINE、リニューアル第1号

カメラ雑誌はしばらく買っていませんでしたがタイトルに惹かれ手に入れました

誌面構成はフィルムだけでなくデジタルだけでもない

機材の紹介だけでなく写真家の作品だけでもない

こう書くとどっちつかずの中途半端な印象を受けるかもしれませんが、

フィルムカメラしかなかった十代の頃から写真を撮り続けている僕にはどこか懐かしく、

心地よい読み応えを感じさせてくれました

デジタルから写真を始められてフィルムにも実は興味がある人にもお勧めです

数字の上では少年ではないけれど、心の中の少年は消えることのない永遠の存在です

・・・・・・・

高3の時のお話

文化祭の最終日にダンスパーティーが開かれていました

踊りの中に入らず一眼レフを手に僕は一人チャンスをうかがっていました

ずっと気になっていたあの子に声をかけるチャンスを

時は来ました

「写真撮らせて!」

今考えてもかなり大胆でしたが笑ってOKしてくれた彼女に救われました

何ショットかシャッターを切りさぁいよいよ本題にというところで、

「〇〇君次こっちねー」と頼んでもいないのに腕を引っ張って連れて行かれ、

僕の短い夏は終わりました

自分で現像、引伸ばしをしたその時の写真は淡い思い出とともに今でもちゃんととってあります

フィルム写真の永遠性を感じさせてくれる記憶の記録

一枚一枚を大切に、一方通行ではない、心通わせ合う写真をまた撮りたいです

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。