So-net無料ブログ作成

ウィーンで一番驚いたのは [monologue]

地下鉄もトラムもSバーン(近郊電車、国鉄です)も改札機が無いということ

これでは無賃乗車し放題ではありませんか・・・

事前にチケットを購入し、

トラムなら車内に、地下鉄ならホームの手前などに設置された刻印機に日時を打刻するシステムです

地下への入口は至って普通でしかも分かりやすいです

_RIM0104

地元の方はほとんどが年間定期券を利用しているそうで、

僕は地下鉄、バス、トラム、Sバーン72時間(打刻した時間から)乗り放題+博物館等が割引になる、

ウィーンカード(ホテルで買えます)と24時間フリーパスを使っていました

観光客の人の中には実際に無賃乗車をしている方もいるかとは思いますが、

僅かなお金をケチってはいけません(ウィーンカードで19.9ユーロ)

抜き打ちの検札で不正が見つかった場合問答無用で100ユーロの罰金を取られます

せっかくチケットがあっても打刻をし忘れた場合も罰金の対象になるのでご注意ください

なかにはこんな素敵な駅舎もあります

_RIM0163

そしてもうひとつ驚いたのはこちら

コイン式の街頭体重計です

昔、パリで見たことがあったので存在は知っていましたが、

実際に使っているところを初めて目の当たりにしました

まさか使う人なんている訳が・・・と思っていたのでびっくりです

ふと見ると若い白人女性が当たり前のように街頭体重計に乗っていました

カメラを手にしていましたがもちろん撮るような真似はしていません

あまりに予想外な光景だったためか驚きとともに強烈に記憶に焼き付いています

地下鉄のお話がでたのでトラム(路面電車)のお話も

地下鉄は車内も綺麗で観光の便利な足ですが僕のお気に入りはトラムです

_RIM0344

車両によっては木製シートが使われていてとても味があります

_RIM0339

路線は複雑ですが単なる移動ではなく街並みを眺められるのが何より楽しいです

車窓からウィーン市庁舎を

_RIM0341

環状道路リンクシュトラーセを一周するのは観光用のウィーン・リングトラム

フリーパス、ウィーンカードでは乗れず別料金が必要になります

_RIM0172

途中で一度乗り換えが必要ですが1、2番のトラムを使えばリンクの一周ができます

リンク沿いには素晴らしい建物が多いのでぜひトラムでの一周にチャレンジしてみてください

*どこの国でもそうですがスリにはくれぐれもご注意を

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。