So-net無料ブログ作成

小指に [monologue]

身に着ける指輪を手に入れたい・・・

アンティークジュエリーを扱う者としての誇りと覚悟を表現できるような指輪を

小指に着ける指輪のことをピンキーリングと言いますが、

小指をピンキー(pinky)と呼ぶのはアメリカ英語

イギリス英語ではリトルフィンガー(little finger)となります

でもこれが面白いことに同じイギリスでもスコットランド英語(方言)になると、

綴りは違いますがリトルフィンガーではなくピンキー(pinkie)となるのです

男性なのでシグネットリングを選ぶところですが、

僕は背丈の割に手指が小さく小指のサイズも12号です

以前彫金の先生に伺ったところ、

サイズ直しの範囲は一律でプラス・マイナス〇号となるのではなく、

指輪のデザインで変えられる号数が決まってくるとのことで、

気に入ったリングもあったのですがサイズ直しがきかなかった場合を考え断念しました

初めから男性用に作られたシグネットリングよりも、

男性が身に着けても違和感のない女性用の指輪を探した方が僕には良いようです

その方がかえって難しいのかもしれませんが、

「自分の世界」を表現できる自分だけの指輪を手に入れたいです

宝石の種類は問いませんが二月生まれなのでできればアメジストを

素敵な出会いとなりました時はブログで御紹介させていただきます

どうぞお楽しみに

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。