So-net無料ブログ作成

この世の果ての心理試験 [monologue]

地球が滅びてね、一艘の船があります。
つまりノアの箱舟だね。
その船に自分ともうひとりだけ連れてっていいのね。

次の動物から選びなさい
馬、孔雀、虎、羊

…心理テストなの。
自分が何を一番大事にしているか、何を求めているか。
馬はね、仕事。孔雀はお金だって。虎はプライド。羊は愛情だよ。
男の人の場合はね、羊って答えた人だけが女の子を幸せにしてくれるんだって。

・・・・・・・

実際に使われている心理試験なのか、

ドラマ(「この世の果て」)のために書き下ろされたものかは分かりません

実はもうひとつ、質問にはない選択肢があり主人公はそれを選びました

世界が滅んだら、
きっと僕は…船に乗らない

僕は・・・

時間と場所と資材があれば、それぞれの動物たちのためになんとかして船を作ります

それぞれ各々が旅立てるように

選ぶことができるというのはまだそれだけの余裕があるということだから、

それなのにひとりだけ連れてあとは見捨てて残していくことはしたくないんです

突き放すことができずにギリギリまで踏みとどまろうとするところはちっとも変わっていない

もちきれずこらえきれずにともに壊れてしまうくらいなら、

突き放した方が優しさなのかもしれないのに・・・

もしも世界が滅んだら、僕も船には乗らない

馬、孔雀、虎、羊

誰を選んでもきっとさみしい

滅んでしまった世界なら一人きりの方がさみしくない

その場で一人、静かに自分の終りを待ちたいから

できれば傍らにお花があるといいな

最後に目に映るものは美しいものであってほしいから

day013

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。