So-net無料ブログ作成

ハートの萎えた男は要らない [monologue]

1988年の曲ですが今聴いても全く古びておらず、

むしろ今作られているどの曲より格好良いと思います

この頃の明菜さんは23歳

今の“大人”がいかに子どもっぽいかを思い知らされます

あまり露骨なセクシーは僕は嫌いなのですが、

嫌らしさのない、健康的な良い意味でのセクシーさを感じます

昔が全て良いとは言いませんが、

まだまだ縮こまって生きているこの国で、

もう一度自信を持って下ではなく前を向き力強く生きることの大切さを思い出してほしいです

歌詞も書いておきましたのでぜひ読みながら聴いてみてください

ひえた胸にじっと眠る炎

みんな、持っているはず



都会(まち)にはびこる 哀れなアンドロイド
くどき上手のチープなレプリカント
ハートの萎えた男は要らない Get out!

チャンスをあげるわ 熱い儀式(レポリューション)
錆びた魂 バラの Tattooを
紅く刻んで 産まれ変わるのよ Get up!

さあ ひえた胸にじっと眠る炎 起こして
いま ゾクゾクする夢を追ってごらん
(Take a dream)

手頃な恋(プレイ)で 麻痺したエモーション
感動したくて 女はアジテーション
言葉じゃなくて SOULを感じたい
Wake up!

いま せとぎわだわ 焦(じ)り 焦(じ)り凍りつく私を
さあ 欲しいのなら 愛を見せてごらん
(Take a chance)

Show me your real love
咲かせなさい その胸に 消えないバラを
Show me your real love
陥(お)としてみて この私 Tattooで
Just falling you

都会(まち)はSweet drug いかさまパラダイス
孤独にまみれて 恋もパラノイア
優しささえ 毒入りのジェリービーンズ
Wake Up!

いま 時代というぬるいベットなんか這い出て
さあ わしづかみで 愛を獲(と)ってごらん
(Take a love)

Show me your real love
空白(しろ)い胸に焼きつけて 消せないバラを
Show me your real love
刻みつけて 私へと Tattooを
Just falling you

Show me your real love
咲かせなさい その胸に 消えないバラを
Show me your real love
陥(お)としてみて この私 Tattooで
Just falling you

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。