So-net無料ブログ作成

万葉集より [アンティーク]

久方の 天つみ空に 照る月の 失せなむ日こそ 我が恋止まめ

(天空を照らす月が消えてなくなる日がもしも来てしまったら、
その日こそ私の恋心が終りを告げることでしょう
月が消えてなくなることなどないように、
私があなたを恋する気持ちがなくなることなどありません)

想い「合いたい」です

一方通行では無く

_RIM0323

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。