So-net無料ブログ作成

品の良い銀の指輪を見付けたい [アンティーク]

金が天然(自然金)の状態であっても僅かに金以外の物質も含むのに対し、

銀は鉱石ではない、自然銀の状態なら不純物を取り除く精錬が必要ありません

そのままの状態から切る、削る、打ち出す、曲げる、引き延ばす等して直に使うことができます

ただ自然銀はとても希少なため実際にお目にかかるのは博物館の標本くらいのもの

今こうして指輪になっている銀は銀以外のものも含まれた銀鉱石から精錬したものです

銀は金の次にくるもの

はたしてそうでしょうか?

銀は金に劣るなんて誰が言ったの?

光の反射率ならあらゆる金属の中で最大を誇ります

入ってきた光をほとんどロスすることなく返すことができるということは

銀はそれだけ輝ける存在であるということです

素材はとても良いのに、使いこなせていない、

むしろ品も格も落としているような指輪に食傷気味の方にこそ知ってもらいたい作品があります

_IGP5918

オリジナリティーは追求し過ぎてもひとつ間違えると破綻しがちですが、

この指輪に関してはそんなことはありません

あらゆるシーンで身に着けやすい品の良いデザインです

デザインに一目ぼれして手に入れました

この指輪で本当の銀の良さを知ってもらえたら・・・これほどうれしいことはありません

トルコ石とマルカジットのシルバーリング

イギリス、1950年代

サイズは11.5号です

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。