So-net無料ブログ作成

まだ身に着けた写真のなかった作品を中心に [アンティーク]

久々のフォトセッション

総撮影枚数約1,500枚

枚数を気にしないで撮れるのはデジタルカメラ時代の恩恵ですが、

セレクトやレタッチなど撮った後の大変さもデジタルならではです

まずはおひとつ「銀とモスアゲートの赤」を

赤は心を元気にしてくれる色

_IGP6995

_IGP7002

_IGP6975

久しぶりのフォトセッションで思ったのは、

当たり前ですがジュエリーはやはり身に着けてこそのもの

作品もよりいきいきとしてくれていました

撮って撮られての一方通行ではなく、

撮影しながらお互い意見を出し合い共同で作り上げていくことに、

嬉しさと手応えを感じています

どんな仕事でも必ず「誰か」がいるのです

一方通行的な振舞、人を物扱いするような真似は絶対にしないこと

そのことを常に忘れず当たり前のものにしていけばそれだけでももう少し良い社会になるはず

忘れている人にはどうにか思いだしてもらいたいです


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。