So-net無料ブログ作成

アフリカンテキスタイル [monologue]

アフリカにブルンジ共和国という国があることを今日初めて知りました

いつもの巡回サイトである「デジカメwatch」を見ていると、

「アフリカンテキスタイルのカメラクッション」というタイトルが目に入りました

アフリカンテキスタイル?何だろうと思いながら読んでみるとこのようにありました

(以下引用です)


パラゴンジャパンは、コージースピードのカメラクッション「COSYSPEED CAMPILLOW」を10月14日に発売した。価格は税込1,980円。

本製品は、中央アフリカの内陸に位置するブルンジ共和国の女性が1つ1つ手作りしているカメラクッション。

厚みのあるクッションで、カメラとデスクを保護できるという。

なお、同国の内戦の最大の受難者である女性と子供の生活支援を目的に設立されたNPO団体と、コージースピードが連携して実現した製品であり、収益は全てプログラム推進のため寄付される。

サイズは、コンパクトカメラやミラーレスカメラサイズにフィットし、カラーはアフリカの華やかな色彩をベースにした「アフリカンテキスタイル」を採用。

各々カラーパターンが異なるが、パターン(色彩)は選択できない。

クッションには、縫製した担当者の手書き署名ラベルが付属する。

外形寸法は直径約200mm。厚さは15~20mm。重量は約50g。


アフリカンテキスタイル.jpg

色彩豊かなデザインがとても新鮮です

愛用のGR DIGITAL Ⅳを置くのにぴったりですし、

デジタルカメラだけでなく携帯電話や時計、小物などを置くのにとても良いです

記事のリンク先から販売先のWebサイトにたどり着くとこのようにありました


カムピローは、中央アフリカの内陸に位置するブルンジ共和国の女性が1つ1つ手作りしている、特別な目的を持ったクッションです。ブルンジ共和国は、長い内戦と政情不安・経済制裁によって経済が壊滅状態に陥っている、アフリカの中で経済開発が最も遅れている世界最貧国の1つです。
カムピローは、内線の最大の受難者である女性と子供の生活支援を目的に設立されたNPO団体、Fondation Stammとburundikids、コージースピード社が連携して実現した製品で、関係企業、団体の収益は全てプログラム推進のため寄付されます。(当社も非営利製品として販売しています)


購入もアマゾンから簡単にできるんですね(送料無料)

コンセプトに賛同できますし実用に使えるのはもちろんデザインがとても新鮮

ただひとつネックなのはそのデザインが選べないということ

おそらく選ぶことができたら売れ残るものもでるからなのだと思います

上記の写真だと僕は左側のものが欲しく、

希望通りにいけばいいのですがお気に召さないデザインだったら心配です

使う頻度の多いデスク回りに置くことになると思うので、

好みのものでないとかえって気が滅入りそう

デザインにこだわるが故の悩みです

なのでただ今ちょっと考え中・・・

またご報告させていただきますのでどうぞお楽しみに

ご興味のある方はこちらをご覧くださいね→

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。