So-net無料ブログ作成

ずっと [アンティーク]

お声がかからない作品も、扱っている作品の中にはあります

Webでもフェアでも

一度もきかれたりお問い合わせのメールを受けたことがない作品が

気付いてもらえていないのかな?

あるのは分かっているけどそもそもお好みでないのかな?

「実際に」どう思われているのか

無音の中にあってそれを知るのはなかなかに難しい

誰かに受継がれるその時まで

僕の存在は中継地点

アンティークは売りものだけど

単なる売りものではなくて

でもこんなことを言っている時点で

商売人としてはまるでダメ、全然失格なのかも

もっと商売人としてのレベルが高くて

販売能力のある方に仕入れてもらった方が作品たちにとって幸せだったのでは?

時々そう思うこともあります

あるべきなのは身に着けることができる女性のもと

どんなに好きでも身に着けることのできない僕のもとではないのですから

でも・・・

作品たちは全然気にしていないと思っています

右から左にどんどんどとはいかなくとも

作品の長い歴史からしたら僅かな時間なのですもの

言葉を話す人間同士でも本当に思ってることはなかなか分からないのに

もの言わぬ作品のことをまるで自分に言い聞かせるように

勝手に思い込んで断言するなんて滑稽極まりないかもしれないけど

そう信じることができるんです

作品を手にとり、身に着けることによって

その美しさで心に希望のあかりがともってくれたなら

とてもうれしい

受継がれた方、作品、そして僕

このうれしさと幸せの輪を広げていきたいです

長い言葉を読んでいただきありがとうございました

明日もどうか良い一日を

おやすみなさい

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。