So-net無料ブログ作成

そろそろ [monologue]

寿命かな・・・とは思っていました

ただ今まで全く故障の一つもなかったので、

まだまだ使えるような気もしていました

でも結局寿命が来てしまい、6年振りくらいに買いました

プリンターは無いと困る必需品です

無線LANやスマートフォンとの連動など機能の進化に驚くばかり

_IGP9270

寿命が来てしまった以前のプリンターは結構気に入っていたものだったので、

ダメ元で修理について問い合わせてみましたが・・・やっぱりダメでした

部品交換が必要なのですが保有期限が過ぎていたため修理不可能とのこと

もし修理できたとしてもきっと新しく買った方が安上がりだったことでしょう

壊れたものを治すために「何とかする」のが「修理」だと思うのですが、

解決方法は部品交換のみでそれ以外では何とかすることができないというのは、

使い続けたいと思っている人にとって残念なことです

もしかしたら本当はこのように何でも治せるのかもしれません



6年使いましたが現代のコンピューター仕掛けの工業製品の中では、

むしろ長持ちした方かもしれません

でもか弱き電気によって作られ、動いている世界の製品の、

あまりの儚さに唖然としてしまいました

同じ電気製品でもアールヌーヴォー期のランプなら今でも灯りをともしてくれますし、

たとえ電気の部分がだめになっても最高のインテリアとして使い続けることができます

周りを見渡してみてください

100年後も使い続け、輝き続けることができるもの

未来の人に価値を認めてもらえるであろうものがいったいどれほどあることでしょう?

ほとんど無いのではないでしょうか

だからこそアンティークは未来へと続く特別な存在

そして特別なものを手にすることができるのはいつの世も選ばれし人だけ

アンティークの美しさは時を超え、価値を認められるもの

永続のなかにこそ、美徳はあるのです

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。