So-net無料ブログ作成

TWO OF US [アンティーク]

という名前のカフェがかつて札幌にありました

高校生の頃、街をぶらぶらしていた時に見つけたおしゃれなカフェ

大人の今なら気軽に入るのですが当時の僕には敷居が高く、

いつか誰かと一緒に・・・と頭の中のデートコースで夢見る存在でした

高校を卒業と同時に札幌を離れ、

帰省の際に行ってみたところ味気の無いコンビニになっていました・・・

かつてその場所におしゃれなカフェがあったことを知っている人、

気に留めている人、この街にどのくらいいるのでしょう?

きっと数えるほどしかいないのだと思います

「形」が無くなって「無」になってしまったら

いつか誰一人知らない存在になってしまう

記憶には限界があるから

アンティークは「時の形」

この仕事を誇りにしたい

これこそ私にとって欠かせない存在

いつも自分と一緒に輝く存在

TWO OF US

心からそう言ってもらえるように

_IGP0089

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。